Sotaの雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 剪定

<<   作成日時 : 2009/04/23 22:05   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像 我が家には5鉢の観葉植物がある。いずれもハイドロカルチャー仕立てで、2002年頃に買ったものだ。以前はもっとあったが、いくつかは年月とともに枯れてしまった。だが、いまなお元気に成長を続けているものもある。
 その中に成長具合がちょっと微妙な1鉢がある。小さいながらも一応木なのだが、ある程度まで成長すると、そこで成長が止まってしまう。一番成長した時でも、高さが30cmくらいだろうか。幹の太さは下の一番太いところで5mmくらい。しかしその太い幹は長さが7cmしかない。そこから細い幹が生えて、にょきにょき伸びていく。その細い幹が30cmくらいまで伸びるとそこで成長が止まり、時間とともに葉は少しずつ枯れていき、だんだん寂しい姿になる。
 これまでは、枯れたら枯れたで、そのままにしていた。それが自然でいいと思っていた。しかし、しだいにそうじゃないっていう気がしてきた。
 観葉植物は『観葉』というくらいだから、きれいな葉が茂っているところを見て楽しみたい。樹勢がなくなって枯れていくさまを見るんじゃ楽しくない。樹勢を取り戻して元気に伸びてもらうために、あるいは幹や枝が伸びすぎて形が悪くなった姿を直すために、剪定という作業が大事なんじゃないかって思えてきた。

 我が家は5鉢だけだが、私の実家の庭には、ものすごい数の植物が植えてある。大きなメタセコイアの木から小さな草花まで、庭中植物だらけだ。薔薇の木も沢山ある。きれいな薔薇の花を楽しむためには、毎年の剪定が大事なんだそうだ。メタセコイアも、伸びすぎないようにたまに剪定しているらしい。草花は時期に応じて種をまいたり、植え替えたりしている。そうやって手を入れているからこそ、年中きれいな花を楽しんだりすることができる訳だ。

 CO2削減のために植物を植えているのならともかく、見て楽しむための植物は、ちゃんと手を入れないといけないのだと、そう思った。
 そこで先月頃だったろうか、枯れゆく幹をチョッキンと思い切りよく剪定した。そうしたら、それまでだんだん枯れていくだけだった植物が再び勢いを取り戻し、新しい芽を出し、葉を付けてきた。日に日に、目に見えるように成長していく。みていて楽しい。それでこそ観葉植物。
 まあ、切ったりするのは植物にとっては迷惑かもしれないが、私にも私の都合がある。観葉植物として生まれたからには、選ばれたからには、その宿命を背負って人間の都合につきあってもらいたい。

 ちなみに、写真に写っている水色の棒は、にょきにょきと伸びる幹を支えるためのもの。幹が細いので、伸びていくうちに自重で幹が傾いてしまうのだ。支える棒の準備はできているから、どんどん伸びて欲しいな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
観葉植物っていいですよねぇ〜
我が家でも、たくさん置いてあります。
剪定も時期を誤ると、枯れてしまいますが、育ってよかったですね
観葉植物にも個性があって、それぞれに生育時期があるので、光合成ができ水やりに注意して、5・7・9月に肥料をほどこしています。
もし店頭で購入されるときには、勢いの良いものを買われるといいですよ。
旅人
2009/04/25 09:46
 部屋に植物があるっていいですね。観葉植物を最初に買って帰った時、無機質だった部屋の雰囲気ががらりと変わって、癒される感じに変わったのを憶えています。成長するに従って鉢を大きいのに変えたり、定期的に水をやったり、いろいろと手間もかかりますが、その手間も楽しいです。私は植物を育てた経験が浅いので、水のやり方とか、温度管理とか、剪定の方法などをウエブサイトで調べたりしてます。
 花が咲く植物を部屋に置いたことがないので、今度買う時は、花が咲くものにしたいと思っています。選ぶ時は、元気そうなのを選びたいと思います。
曽田
2009/04/25 13:23
私は植物を育てたりするのは苦手なのでよく分かりませんが、枝を払ったり剪定しないと元気にならない植物は有るようですね。観葉植物って言うくらいだから葉の様子を愛でる植物なのですよね。相変わらず我が家は飾り物がないので、殺風景な室内です。殺風景と言うよりは物が多くて雑然としてるのかな。
せんぱい?
2009/04/25 21:19
 以前は植物を部屋に置くのなんて面倒だと思っていましたが、実際に置いてみると思ったほど手間もかからず、部屋の雰囲気もかわって良かったです。
 私も植物を育てる経験は浅いので、いろいろ情報をかき集めては、手を入れています。半分自己流みたいなところもありますが。手を入れた結果、植物が元気になってくれた時は嬉しいです。
 植物以外の飾り物は、私の部屋にも全然ありません。学生時代は下宿の壁に少しだけポスターなど貼っていましたが、今、壁にあるのはカレンダーだけですし。何かを飾って楽しむというのが、私にはないんですね。そういう部屋なので、観葉植物が効果的に雰囲気を変えてくれているんだと思います。
曽田
2009/04/25 23:12
剪定 Sotaの雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる