Sotaの雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS ワンセグ

<<   作成日時 : 2009/09/09 22:17   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像 今年の4月に携帯電話を買い換え、ワンセグ付きになった。当初はワンセグがついていても、たぶんほとんど使わないだろうと思っていた。ワンセグといえば、外出先や移動中などにテレビを視聴するというイメージだが、私の場合、外出先や移動中にテレビを見ることはほとんどないからだ。
 でも、家の中でも意外とワンセグが役に立つことが分かった。例えば料理中。台所にはテレビがないが、携帯電話のワンセグを見ながら、あるいは画面は見ないまでも、音を聞きながら料理をすることができる。テレビっ子の私にはとてもありがたい。
 台所では、流しの上の棚にプラスチック製のお総菜のパック容器を置いて、その上に携帯電話を置いてワンセグを見ている。流しの上といっても、流しよりかなり高いところなので、水がかかる心配はない。しかしこの場所は、今一つ受信感度が悪い。ホイップアンテナを伸ばして、角度を微妙に調整してやらないと映らない。しかもチャンネルによって映り具合が違うし、私が移動したり腕を伸ばしたりすると電波状況が悪くなって、音声や映像が途切れることもある。安定しないのだ。
 どうにか安定して映るようにできないかと考えて、LogitecのLDT-ANT1C10WHというのを購入した。
画像
 モノリスのようにも、あるいは白い墓石のようにも見えるこれは、ワンセグ用のアンテナ。といっても、このアンテナでワンセグの電波を受けるのではなく、ワンセグの電波を出すためのアンテナだ。壁面のテレビアンテナ端子とこいつをケーブルでつなぐと、アンテナ端子に来ているワンセグの電波を、このモノリス状のアンテナから室内に再放射するという仕組み。再放射された電波を受信することで、ワンセグが安定して映るというものだ。増幅をしない再放射アンテナで効果があるのかと半信半疑だったが、そんなに高価なものでもないので試しに買ってみた。ネット通販で2,460円。
 結果は上々、携帯電話の近くにこの再放射アンテナを置いておくと、非常に高感度かつ安定してワンセグを受信することができるようになった。ホイップアンテナを伸ばす必要もない。再放射アンテナから離れると効果が弱くなるようだが、部屋のいろいろな場所で視聴するのならともかく、私のように携帯電話を置く場所が決まっているような場合は、近くに設置できるのでかなりの効果があった。良い買い物をした。

 料理をする時以外だと、トイレの中でもワンセグをよく見る。尾籠な話だが、抗うつ剤のせいで便秘気味なので、トイレが長いのだ。トイレの中でテレビが楽しめるのはありがたい。トイレには置き場がなかったので、トイレ用コーナーラックを買った。YAMAZENのトイレラックTR-700。これもネット通販で2,980円。
画像
 ラックの上に携帯電話を置き、ホイップアンテナを伸ばすと、安定した受信ができる。携帯電話を置くのが主目的で購入したのだが、ラックとしての機能も生かすために、とりあえず予備のトイレットペーパーを置いておくことにした。コンパクトなラックで、これもなかなか良い買い物だった。

 外出先や移動中にワンセグを見ることは相変わらずないが、家の中でも使えて、ワンセグって案外いいものだな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
台所でワンセグを見ているってよく聞きますね。確かに台所にテレビ置いてある事はあまりないと思うので便利かもしれないですね。面白いアンテナが有るのですね
しかも結構使えると・・・。今のところ我が家では使いようが無いですが便利かもしれないですね。我が家の場合はデジタルテレビも無い状況ですから、まずはそれからですかね。
せんぱい?
2009/09/10 21:11
 料理は意外と時間がかかるので、テレビを見ながらやるのはなかなか良いです。画面に集中すると手元がおろそかになって、庖丁使っている時などは危ないかもしれませんが。それでもけっこう楽しめます。
 再放射アンテナは思いの外使える商品でした。最初は半信半疑で買ったのですが、ワンセグがかなり感度アップし、安定して受信できるようになりました。
 もうそろそろアナログテレビは買い替え時ですね。5000円以下の地デジチューナも発売されたので、そういうのを使う手もあると思いますが。
曽田
2009/09/10 22:15
ワンセグ Sotaの雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる