Sotaの雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS オリオン座流星群

<<   作成日時 : 2009/10/23 16:08   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像 午前4時、怪しく動き出す男の姿があった。辺りをうかがうようにしながら、玄関から出てくる。手には三脚を持ち、三脚の先には一眼レフカメラがつけられていた。カメラには手ぶれを防ぐためのレリーズケーブル。こんな夜中に、何を撮影するつもりなのか。

 先日、ふと午前4時頃目が覚めた。中途覚醒か、いやこの時間だと早朝覚醒か、どちらか分からないが、とにかく目が覚めた。まだ起きるには早いからもう一度寝ようと思ったが、ふとオリオン座流星群のことを思い出した。この時間帯が、いちばん観測に良いらしい。外を見ると雲はなく、星が見えている。ちょっと見てみようかなと思い、服を着替える。ついでに写真も撮ろうと思い、カメラを三脚につけて外に出た。
 本当は周囲が暗い場所が良いのだが、遠くまで行くのも面倒なので、近くの駐車場に行った。オリオン座の方角にカメラを向けてセッティング。焦点距離は広角の18mm(35mm換算で27mm)。絞りは開放でf3.5。もう少し明るいと良いが、広角のレンズはこれしか持ってない。フォーカスは無限遠固定。感度はISO 1600、露光時間は8秒にセットした。横浜の夜空は明るい。これ以上露光時間を長くすると、夜空が白っぽく写ってしまう。
 シャッターを押す。8秒経つとシャッターが閉じる。またシャッターを押す。それを繰り返しながら、夜空を眺めていた。
 何分か経った頃、明るく輝く動く点が現れ、すーっと尾を引いて流れた。流星だ。しかし写真には撮れなかった。8秒の露光後、シャッターが閉じた瞬間に、それを見計らうかのように流星が現れたからだ。あっと思い、もう一度シャッターを押したが、その時はもう流星は消えていた。なんという間の悪さ。
 結局その日は、その流星一つしか見えなかった。他にも流星が現れていたのかもしれないが、横浜の夜空では、よほど明るいものしか見えないのかもしれない。ずっと上を見ていたので、首が疲れた。

 次の日は、午前4時に目覚ましをかけて起きたが、曇っていて星は見えなかった。さらにその次の日、再び目覚ましで午前4時に起きる。空は晴れていた。
 前々日の反省から、今度は逐一シャッターを押すのではなく、連写にした。8秒間隔で、自動的にカシャリカシャリとシャッターが切れる。何もしなくて良いので楽だ。私は駐車場のアスファルトの上に寝転がって、夜空を眺めた。これなら首も疲れない。
 しかし結局、その日は1つも流星は見えなかった。午前5時過ぎ、東の空が白み始めたので、観測をやめて帰った。
 次の日、それは今朝のことだが、疲れていたので午前4時に起きるのはやめた。

 結局、2日で見ることができた流星は1つだけ。しかも写真には撮れなかった。でもまあ、1つ見ることができたからいいか。
 で、流星の写真が載せられないので、代わりに撮った写真に線を引き、星座を描いてみた。写真をクリックすると大きくなる。
 いつ見ても、星座っていうのは、なぜそう見えるのかが分からない。こいぬ座なんて、ただの一本線だからね。昔の人の想像力って素晴らしい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
そう言えば最近流星群が来ているんですね。流星とか写真に撮ろうとすると大変なんですね。学生の時、冬に下宿の玄関で同じ下宿の住人と流星を見ていた記憶があります。ほんの一時間ほどでしたが結構いくつも見ることが出来ました。星座っていくつかは判別できますが、星の並びと星座の名前の関連が良くわかりませんね。どうして熊?とか。まあでもなかなか楽しいです。
せんぱい?
2009/10/23 23:16
 今夜あたりまでが流星群が観測できる期間らしいです。横浜は夜空が明るいので、あまり見えませんでした。学生時代に住んでいたあたりなら、夜が暗いので、たくさんの星や流星が見えるでしょうね。札幌の中心街は夜中も明るいと思いますが。
 星座の名前は、形からは全然連想できないですね。どうしてそう見えるのって聞きたいくらいです。いろいろいわれがあったりして、楽しいですけどね。
曽田
2009/10/24 00:11
どうされたいのか。
不眠か何か知らないがあなたは多くの属目の中にいます。分かると思うが。
まさ
2009/10/25 02:13
 睡眠障害はかなり改善しました。喪に服している訳ではないので、やりたいと思ったことはどんどんやっていきます。もちろん、体調も考えながら。
曽田
2009/10/25 13:07
オリオン座流星群 Sotaの雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる