Sotaの雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS パキラ

<<   作成日時 : 2009/10/15 18:45   >>

トラックバック 0 / コメント 3

画像 先日オキシカルジウムの事を書いたが、今度はパキラの話。
 これも2002年、少し大きめの植物も欲しいと思い、パキラとポニーテール(トックリラン)の鉢を買った。鉢のサイズは4号で、これくらいのサイズだと部屋に置いた時、存在感がしっかりしている。ちなみに先日書いたオキシカルジウムも、今は4号の鉢に植えてある。
 パキラは葉っぱが大きくて見た目もいいし、育てやすいので人気があるのだそうだ。私も見た目の良さにひかれて、一鉢買った。放っておくとどんどん背が高くなっていくので、適度に切り戻しをしたりしながら育てている。
 このパキラという植物は、日当たりのいいところを好むらしいので、窓辺に置いている。南向きの窓なので、薄いカーテン越しだが、日光はよく当たる。しかし、不満というほどではないが、ちょっとなあと思うことがある。葉っぱが全部外向きなのだ。

 気持ちは分かる。窓の外から光が来るので、葉の表面をそちらに向けて、光を受けようとしているのだ。植物として、ごく自然なことだ。でも部屋の中から見ると、葉っぱの裏側しか見えないんだな。
 まあ、裏側でもいいんだけど。でもやっぱり表側も見たいじゃない。なんかこう、そっぽを向かれているみたいで、こっちも向いてよって言いたくなる感じ。
 毎日鉢を少しずつ回転させて、360度まんべんなく光を当ててやれば、葉の向きが偏ることはないだろうと思い、一時期試してみたことがある。しかし、光の向きが一定じゃないのは植物にとってはストレスになるようで、葉が枯れ始めたのでやめた。作戦失敗。
 日が暮れると180度回転するターンテーブルとか売ってないのかな。日中は葉が外向きで、日が暮れるとターンテーブルがくるっと半回転して、葉が部屋の中を向くとか。まあ、自分で鉢を回せばいいのだけれど、自動だと楽だし。
 ちなみに、いま鉢を回して、葉の表側が見えるようにしてみた。やっぱり表側が見えていたほうが綺麗だし、格好いいな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ちょっと面白い葉っぱの植物ですね。楓の葉ににているように見えますが、一葉ずつ別の葉なんですよね?葉が日の当たる方に向いてゆくのであればどうしても窓の方に向いてしまいますね。もっと葉が多くなれば他の葉が陰になるのでこちらを向いてくれる葉も有るかもしれないですね。いっそのことうっそうと茂るまで頑張ってみたら?とか無責任なことを言ってみますが。植物にもストレスって有るんでしょうかね?まあ外界からの刺激に反応してと考えるとあるんでしょうね?
せんぱい?
2009/10/15 20:33
 1つの枝葉の先端に6枚の葉が付き、手のひらを広げたのよりも大きく広がります。大振りの葉が、いかにも観葉植物っていう感じです。
 日の当たる方向に向いてしまうのはしょうがないですね。そういうふうにできているのですから。部屋の内側の間接光しかあたらない場所なら、バランスが悪くなることはないのかもしれませんが、日当たりのいいところを好むらしいので、窓際に置いてます。
 もっと葉が多くなる予定だったのですが、今年切り戻した所からは、小さい葉しか出ませんでした。写真では中央より右下に映っています。もっと大きい葉がたくさん出てくると思っていたのですが。植え替えをして、根の部分をリフレッシュしてやる必要があるかもしれません。まあ、もうその季節ではないので、植え替えは来年の春ですね。
 植物にもストレスがありそうです。物言わないので、葉が枯れるとか、そういう形でしか見えないですけど。
曽田
2009/10/15 22:11
いつも楽しく見させてもらってます。更新待ってますヲ
よろしくお願いします。
田畑
2009/10/17 20:01
パキラ Sotaの雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる