Sotaの雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 花を買う

<<   作成日時 : 2009/10/20 21:25   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像 我が家には観葉植物が5鉢ある。観葉というくらいなので、どれも葉っぱを見て楽しむもの。以前から、花も育ててみたいと思っていた。でも手を出さずにいた。一番の理由は、どの花を買えばいいのか分からなかったという事だろう。
 我が家には庭はないし、ベランダに花を置いてもよく見えないので、花は室内に置きたい。しかし、室内向きとか、屋外向きとか、花にも種類がある。花屋はもとより、ホームセンターやスーパーの店頭にも花の苗が売られていて、綺麗な花だなと思うものがあっても知識がないので、それが室内向きなのかどうかも分からない。その場で携帯電話を取り出し、ネットでその花の育て方を調べればいいのかもしれないが、それもなんだか面倒だった。
 そんな感じで花には手を出さずにいた。観葉植物は葉っぱだけだが、花植物は葉っぱ+花なので、花植物のほうがハードルが高いような気がする。だがそんなことを言っていても始まらない。とりあえず花を買ってみることにした。

 花屋の店先に並んでいる中から、ナデシコとキンギョソウを選んだ。綺麗な花だと思ったし、つぼみもたくさん付いていて、これからどんどん花を咲かせますっていう意気込みを感じたからだ。室内向きかどうかとか、とりあえず細かいことは考えずに、花の感じだけで選んだ。ちなみにどちらも1株100円。2種類で200円だ。
 花の苗を買ったら、それを植える鉢や土が必要だ。
 我が家の観葉植物は、全てハイドロカルチャー仕立て。ハイドロカルチャーっていうのは、要するに水栽培だ。土の代わりにレンガを小豆大に砕いたレカトン(ハイドロボール)を使い、穴の空いていない植木鉢に植えて、鉢に少し水をためて植物を育てる。肥料の代わりにイオン交換樹脂というものを使う。いままでそればかりだったので、観葉植物はあっても、土とか肥料とか、なにも持ち合わせがないのだ。
 ナデシコとキンギョソウを寄せ植えにしようと思ったので、2つがちょうど入りそうな6号の鉢を買った。こんどは底に穴のある鉢なので、鉢底石も必要だ。『かる〜い鉢底石』というのを買った。たしかに軽かった。手にした時に、あまりの軽さに「軽っ」って言ってしまったほど軽かった。次は土。だが、どういう土がいいのか分からない。実家では黒っぽい土や、赤っぽい土や、腐葉土や、白い粒状の肥料などを、必要に応じて父が混ぜて土を作っていた。もっと簡単にできないものかと探してみたら、『花と野菜の土』というのを見つけた。有機質肥料をバランスよく混ぜてあると書いてあるので、これでいいんじゃない?ってな感じで、それを買った。
画像
 必要なものがそろえば、後は簡単だ。まず、鉢の中に鉢底石を敷き詰め、少し土を入れて高さを調整してから花の苗を置く。鉢の隙間を埋めるように土を入れる。水をやると土が沈むので、少し多めに入れておくのがいいようだ。土を入れたらたっぷり水をやる。鉢皿にたまった水は、そのままにせずに捨てる。最後に、霧吹きで葉水をやって完成。いい感じの一鉢ができた。
画像

 で、一息ついたところで、肝心の花について、例によってネットで調べた。まずはナデシコ。ナデシコは寒さが必要な植物なんだそうだ。私の部屋は暖かい。今の季節でも、晴れた日の日中は30℃くらい、いちばん室温が下がっても25℃くらいある。ナデシコには温度が高すぎるようだ。温度が高いと花茎が伸びず花が咲かないとあった。寄せ植えにも向かないらしい。別の鉢に植え替えて、ベランダに置く必要があるかもしれないな。今後の検討課題とする。
 キンギョソウはナデシコより室内向きのようだ。温度についての注意事項は、特に書かれていなかった。寄せ植えにも向いているようだ。
 どちらの花も、過湿を嫌うらしい。水をやりすぎないように注意が必要だ。それと、どちらも日光を好むらしいので、室内だと窓辺に置く必要があるかな。でも、パキラみたいに外向きになってしまうのも困る。様子を見ながら、置く場所を決めていこうと思っている。
 分からないことだらけ、初めてのことだらけで先が心配だが、長く花が楽しめるといいな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ホームセンターに行くといろいろな植物が売ってますね。私は興味がないのでほとんどそちらのコーナーには行きませんが。でも去年の冬の初めにチューリップとフリージアの球根を買いました。結局フリージアは冬に一度すごく暖かくなったときに目を出してしまって、春にはだめになってしまいましたが、チューリップは咲きました。まあ、娘が育てたくて買ったのですが。ナデシコもキンギョソウも育てたことは無いですが、寒さが必要なのと室内向きなのが一つの鉢に入っていると大変そうですね。でも長く花が楽しめると良いですね。
せんぱい?
2009/10/20 23:02
 いろいろな植物を売ってますね。よく行くスーパーの店先でも花の苗を売ってます。私も全然知らないので、あまりそのコーナーに立ち寄ることはないのですが、結構需要があるんでしょうね。
 私の実家にはたくさんの木や花、ハーブ類が植えられています。ちょっとした植物園状態です。父は本が好きなので、本を通して植物についての知識を得て、ガーデニングに活かしているようです。花なども結構頻繁に買っているようです。私には、あの庭の手入れはできそうもありません。
 チューリップは定番なので育てやすそうですね。あと、子供と言えば、夏の朝顔やひまわりが定番ですね。私の子供の頃、ヒヤシンスの水栽培が流行った記憶があります。私も育てました。あれも定番だと思います。
 複数の花を買う時は、それぞれ相性がいいか調べないとだめですね。我が家初の花は、順調に育っていくかどうか不安です。
曽田
2009/10/20 23:32
花も咲かそうと思うと、温度とか水とか奥深いも
のですね。
だから自然環境では色々な場所で色々な時期に色
々な花が咲くのですね。
調べながら試行錯誤しながら育てて、きれいに咲
いたり大きく育つと楽しいですよね。

我が家では植物ではありませんが、メダカを入手
しました。
金魚を飼っているので、何も調べず一緒に飼えば
良いと思い、その水槽に入れると、危うくメダカ
が金魚に食べられそうになりました。

慌ててメダカを救出し、水槽を分けましたが、愛
らしい金魚でも生き物の世界は熾烈です。
金魚もメダカも同じ淡水の魚ですが、ネットで調
べてみると飼い方にも違いが有り、私も試行錯誤
しながら育て始めました。

メダカは大きくはならないと思うので、繁殖させ
てみようかなと思っています。
ばびる
2009/10/21 10:34
 花の種類もいろいろですからね。生存競争で生き残るために、他の花とは違うタイミングで咲いたりとか、植物なりに工夫しているんでしょうね。人間よりも長い世代を繋いできた生命力の強さを感じます。
 金魚ってメダカを食べるんですか? 肉食だとは思いませんでした。金魚やメダカって一見飼いやすそうに思えますが、いろいろ知識が必要なようですね。
 メダカといえば、日本に古くからいた種類のメダカは、数が減っているようですね。昔は田んぼとか小川とか、そこらじゅうにいたような気がしますが、環境の変化が原因なんでしょうか。メダカが繁殖して増えるといいですね。
曽田
2009/10/21 13:27
花を買う Sotaの雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる