Sotaの雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS マットレス

<<   作成日時 : 2009/11/28 11:33   >>

トラックバック 0 / コメント 6

画像 右の写真が11月19日のブログと同じように見えるが、大きな違いがある。敷き布団をやめて、マットレスにしたのだ。
 以前にも書いたように、毎朝起きた時、少し腰が痛かった。そんなに強い痛みではないし、痛みが長引くこともなかったので、あまり気にしていなかった。しかし、寄る年波には勝てない。腰が痛くなるような状態は、できれば避けたほうがいいかもと考えるようになった。
 腰が痛くなる原因は、敷き布団にあるのではないかと思ったので、マットレスを買ってみることにした。マットレスは非常に低価格なものから、びっくりするほど高価格なものまである。あまり高い物には手が出ないが、安すぎる物も不安だ。高すぎず安すぎずといったところで、マットレスをネットで検索してみた。
 いろいろ検索し、利用者の方の口コミなども参考にしてみたところ、YOKOHAMAファニチャーという店のポケットコイルマットレスが良さそうだったので、それを購入した。評判もいいようだし、価格も悪くない。硬さは、やわらかめ、ややかため、かための三種類があった。推奨体重が書いてあって、それによると私は硬めが推奨らしいので、硬めを選んだ。マットレスの色も選べるが、どうせシーツをかぶせて使うのだから、使用時はマットレスの色など見えない。無難に生成を選んだ。あわせてベッドパッドとボックスシーツも購入。

 昨日、購入したマットレス他一式が届いた。さっそく設置といきたいところだが、マットレスをベッドに置く前に、すべきことがあった。それはある問題点を解決すること。ベッドの床板が、板ではなく網なのだ。
画像
 太さ3mm程の針金が、6cm四方の網になるように張られている。ベッドメーカーは通気性が良いなんて言っているが、これじゃだめだと思う。床板の部材を節約して、コストを下げるためとしか思えない。
 マットレスの中には沢山のスプリングが入っている。スプリングは一方が固定されていてこそ、スプリングとして機能するのだ。ベッドの場合は床板が、マットレスのスプリングを固定する役割となる。それなのに、こんなスカスカの網の上にマットレスを置いたら、多くのスプリングは支えを失い、宙ぶらりんの状態になってしまう。
 いままで、この網の上に段ボールを置いて、その上に敷き布団を敷いていた。段ボールといっても侮ってはいけない。分厚い段ボールは結構しっかりしているのだ。今回は、購入したマットレスを梱包していた段ボールを使い、今までの段ボールの上に、さらにもう1枚段ボールを置いた。2枚重ねにすることで、より剛性が増すだろう。段ボールの難点は、まあ見た目があまり良くないと言うことだろうか。
画像
 ベッドの準備ができたら、床板となる段ボールの上にマットレスを置き、ベッドパッドを敷く。ボックスシーツをかぶせたら完成。マットレスが意外に重く、ボックスシーツの端をマットレスの下に押し込むのに少し苦労した。少ししわが寄ってるね。
画像
 で、問題は寝心地だ。マットレスに横になってみると、だいぶ硬めに感じた。ふわふわせず、かなりしっかりと体を支えてくれる感じではある。少し硬すぎかなと思ったが、実家のマットレスも同じぐらい硬かったように思う。これくらいが標準的な硬さかもしれない。まずは一晩寝てみた。

 朝起きてみると、敷き布団の時にあった腰の痛みがなくなった。寝心地が悪いようなこともなく、良い眠りが得られたように思う。マットレス大正解。なかなか良い買い物をしたと思う。
 起床時の腰の痛みはなくなったが、一つだけ気になることもある。起きてベッドから出た時に、数秒だけ右足の力が弱いのだ。痺れているわけでも、痛みがあるわけでもないが、ただ力が入らない感じ。先日腰の右側の筋を痛めた。その後遺症だろうか。でもすぐに力が入るようになるので、もう少し様子を見ることにしよう。そのうち自然に治ると思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
しばらくしても調子が良ければ当たりですかね。良い物に出会えて良かったですね。ベッドメーキングって難しいですよね。長期の出張の時に使っているベッドのシーツを直そうとして大変苦労した記憶があります。ベッドの床板が網になっているタイプなんですね。以前に私も使っていたことが有ります。普通の布団だとだんだん敷き布団が網にめり込んでいって困りました。ただの合板の時はめり込んだりはしなかったですが湿気がたまってカビが・・・。なかなかうまいことは行かないですね。今はスノコ状のベッドを使っています。その上に椰子の繊維を使った薄いマットを敷いてさらに堅くて薄いマットを敷いています。もう少し厚めのマットにしないと長い時間寝ていると腰が痛いです。
せんぱい?
2009/11/28 20:12
 寝具が変わると、体が慣れるまでに数日かかるって聞きました。まだ1日しか使ってませんが、出だしは順調です。
 ホテルなどにあるセミダブルサイズのマットレスだと、かなり重いでしょうね。私が買ったのはシングルサイズですが、それでも結構重くて、シーツをかぶせるのに苦労しました。
 ベッドの床板は、すのこ状のやつが流行っているようですね。ネットで検索すると、すのこタイプがたくさん出てきます。私は段ボールの上に敷き布団を敷いていましたが、カビの発生はありませんでした。紙なので、ある程度呼吸してくれていたのかもしれません。カビを防ぐため、通気性が悪くならないようにしたいと思います。
曽田
2009/11/28 22:09
 寝具。出だし好調とのこと。安心いたしました。夜、素敵な夢を見ることができそうなマットレスですね。私も次回のマットレス更新時には、是非参考にさせていただきたいと思います。
 必殺段ボール作戦。sotaさんから、いろいろな人に広がりそうな裏技ですね。なんか良さそ。そういえば、段ボールでふと、小学生の頃にどでかい段ボールで、ミニミニ空間を作り、中に色々持ち込み、隠れ家気分を堪能したことを思い出しました。
かきのもとのひとまろこ
2009/11/30 02:13
 段ボール箱で遊ぶのは、私も子供の頃やりました。祖父の家の二階に段ボール箱が沢山あって、それを積み重ね、屋根も作り、秘密基地気分で遊びました。子供って、なんであんな狭い場所が好きなんでしょうね。自分だけの空間ができるのが楽しかったのかもしれません。
曽田
2009/11/30 10:58
韓国の家の部屋は全てが床暖房になっているので腰が痛い時には厚い部屋の床の上で寝ると治りますが、日本の部屋はほとんど床暖房はなさそうですね。日本でも有りか知りませんが、韓国には熱線を使って寝台の上に敷く敷物も有ります。
冬にはそれを敷いて寝ると背中が暖かくて気持ちいいですが、韓国以外の国では
なさそうですね。
ダルホ
2009/11/30 20:56
 日本にも床暖房の家はありますが、全体の割合から見ると少ないと思います。ヒーターの入ったカーペットなどを敷いて、足を温めるのはよくあります。私の実家でも使ってました。ベッドの上に敷くヒーターは、日本ではあまり使わないと思います。
 韓国は日本より気温が低いので、暖房方法が多彩なのかもしれませんね。
曽田
2009/11/30 21:06
マットレス Sotaの雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる