Sotaの雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS マウスの設定

<<   作成日時 : 2011/04/10 11:02   >>

トラックバック 0 / コメント 3

画像 昨日、ノートPCのマウスの話を書いたのだが、今度はデスクトップPCで使っているマウスの話。2008年の2月頃から、LogicoolのMX 620、Cordless Laser Mouseを使っている。左右ボタンの他に、戻るボタン、進むボタン、それにワンタッチ検索ボタンが付いている。
 写真の手前側に見える銀色のボタンが、ワンタッチ検索ボタン。ブラウザだけでなくメール、エディタ、ワードでもエクセルでも、とにかくどのソフトでも、文字列を範囲指定してこのボタンを押すだけで、自動的にブラウザが立ち上がり、その文字列がネットで検索される。とても便利なボタンなのだ。押しやすい場所にボタンがあり、気になった言葉などを、さっとネットで検索できる。お気に入りのマウスなのだ。
 その便利なボタンが付いたこのマウスだが、いま使っているのは2台目。2008年に買ったやつはホイール部分の具合が悪くなったので、今年の2月に同じものを買い直した。

 ところがこの2台目、買った時からホイールの動きが少し不調なのだ。不調というか、むしろ敏感すぎる。
 このマウスは、ホイールを回した時に、クリックを付けることも、クリックを無しにすることもできる。切り替えは、底面のレバーで行う。クリックを付けると、思った通りに正確にスクロールできるし、クリック無しにすると、非常に高速に連続してスクロールさせることができる。
 私は、普段はクリックがある状態で使っている。ところが、クリックありにもかかわらず、マウスホイールのわずかな揺れに反応して、スクロールが起きてしまうのだ。もちろん、その時はクリックをまたがない。例えば、ホイールを回してスクロールさせて、思ったところまでスクロールさせた後、ホイールから指を離した瞬間、指を離した時のホイールの微妙な揺れで、少しスクロールしてしまう。
 試しに動画にしてみた。ホイールでスクロールさせて、一番上の行を表示させようとしているが、ホイールから指を離した瞬間に揺り戻しのような感じで、少しだけスクロールが戻ってしまう。

 以前使っていた同じ型番の1台目は、このような現象はなかった。個体差によるものだろう。
 これが不便でしょうがなかったのだが、つい昨日、LogicoolのSetPointの設定で解消できることが分かった。「スムーズなスクロールの有効化」という設定項目が有り、そこのチェックマークを消すと、ホイールが微妙に揺れてもスクロールしないようになった。
画像
 たしかにスムーズスクロールではなくなったが、思い通りの位置で止められるので、この設定の方が使いやすい。
 自分への備忘録も兼ねてここに書いておく。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
Logicoolのマウス良いですよね。私は職場では曽田さんと同じ型、家ではMXのLogicoolでは小さいタイプの物を使っています。小型と言うには日本のメーカの物に比べるとちょっと大きめですが使いやすいと思っています。作りもしっかりしているし。家で使っているマウスは本来単3電池2本のタイプですが、単3電池2本だとちょっとマウスが重いので単3を1本か単4を2本に単3のアダプタをかぶせて使っています。それでも電池の保ちは良いです。
マウスの設定はいろいろ出来る様ですがほとんど標準で使っていますね。細かい設定をすればもっと使いやすくなるのかな?
せんぱい?
2011/04/10 20:57
 このマウスは、ほんとに使いやすいですね。各ボタンも押しやすい位置にありますし。単3電池2本だと、たしかに少し重い感じがします。電池の持ちはいいので、単4電池を単3に変換するアダプタでも、十分に持つんでしょうね。今度、単4のエネループを買ってきて試してみます。
 以前ノートPCで使っていたマウスは、Logicoolの無線タイプの小型のものでしたが、USB受信機をマウス本体に頻繁に付け外ししていたせいか駄目になってしまいました。ものによっては、ホイールが回りにくくなったりしますね。マウスは消耗品と考えるべきなんでしょうか。
 LogicoolのSetPointソフトはいろいろ設定ができますが、私もあまり設定を変更せずに使っていました。せっかく機能があるので、試してみるのもいいですね。
曽田
2011/04/10 22:22
同じ症状で困惑していたのでとても参考になりました。
ななし
2011/10/03 19:34
マウスの設定 Sotaの雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる