Sotaの雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS キーボードの掃除

<<   作成日時 : 2011/12/23 11:22   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像 先日、Impressの記事でPC用のキーボードなどを掃除できるものを紹介していた。ジェル状の素材で、隙間に入った埃などを吸着してしまうというもの。
 以前から同じようなものはあったが、アイリスオーヤマからサイバークリーンPCP-135というのが発売されたようなので、私も買ってみた。
 PC用のキーボードというのは、隙間がたくさんあって汚れやすいものだ。我が家では部屋を掃除する際に、毛足の長いブラシを掃除機に付けて、キーボードの埃を吸い取っている。そのため埃は少ないのだけれど、キー側面に黒ずみのようなものができてしまう。白いキーなので、結構目立つのだ。それが綺麗になればいいなと思った。
 掃除をする前のキーが下の写真。
画像
 埃は少ないが、キー側面に黒ずみができている。これをサイバークリーンで掃除してみた。掃除の後が下の写真。
画像
 少しだけ付いていた埃は取れたが、残念ながら黒ずみは取れなかった。というか、黒ずみに関しては、むしろ悪化している。ジェル状のサイバークリーンの、何かの成分が黒ずみにしみ込んでしまい、それで黒ずみの色が濃くなってしまったのだろう。
 残念だが、我が家の汚れに関しては、サイバークリーンは効果がなかったようだ。
 綿棒やティッシュで掃除すると、下の写真のように綺麗になる。
画像

 埃ということで言えば、自宅よりもむしろ会社の方が効果が発揮できそうだ。オフィスというのは意外と埃っぽい。それに掃除機もない。キーの隙間に埃がたまりがちなのだ。
 掃除前のキーが下の写真。少し写真が分かりづらいかもしれないが、側面に埃がたくさん付いている。
画像
 サイバークリーンで掃除した後が、下の写真。完璧とは言えないが、結構埃が取れている。しかし、取り残しも案外ある。
画像

 先のImpressの記事では、キーが薄いタイプのキーボードを掃除していたが、一般的な彫りの深いキーボードだと、サイバークリーンでの掃除は結構力が要る。かなり力を入れて押しつけないと、キーの隙間にジェルが入っていかないのだ。だいぶ力強く掃除したのだが、それでも、キーの一番下の方までは届かなかったようで、そのあたりの埃は残ってしまった。
 あと、自宅と同じく黒ずみは取れなかった。
 しかし、オフィスの埃っぽい場所にあるキーボードの掃除には、けっこう効果有りと言える。ちょっと埃が気になった時に、ジェルを押しつけてごろごろっと転がせばいいので簡単だし。
 というわけで、サイバークリーンは会社のデスクの引き出しに置いておくことにした。
 今度は、黒ずみまで取れるような、もっとすごいのを期待。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
綺麗になるのかな?と興味があったのですが意外にだめですか。キートップの横って結構汚れるんですよね、なかなか掃除しにくいし。キートップを全部外して綺麗にすれば良いのでしょうがなかなかしないですよね。私はメラミンスポンジを三角に切ってキートップの横を掃除しています。メラミンスポンジは結構プラスチック製の物が綺麗になります。気をつけないとスポンジがぽろぽろと崩れてキーボードの中に入ってしまいますが・・・。
せんぱい?
2011/12/25 20:22
 埃は取れますが、黒ずみは駄目でした。キーの側面なんて、なぜそこが汚れるのか分かりませんが、なぜか汚れてしまうんですよね。
 昔、キートップを全部取って洗った後、元通りの配列に差し込むのに悩んだことがありましたね。洗うのも結構大変でした。
 私はもっぱら綿棒とティッシュですが、メラミンスポンジは良さそうですね。軽くこするだけで汚れが取れそうです。
曽田
2011/12/25 21:01
キーボードの掃除 Sotaの雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる