Sotaの雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 日々草

<<   作成日時 : 2012/06/24 22:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像 2010年6月に花の鉢植えを二鉢にして以来、ずっと二鉢の花を育てていた。これまで植わっていたのは、サフィニアと松葉菊の二鉢だった。
 しかし、松葉菊の方はほとんど花が咲かぬまま、今年の花のシーズンを終えてしまった。買った時期が遅かったようだ。松葉菊は宿根草なので、うまく冬を越せば、来年の春、今度は沢山の花を咲かせてくれるだろう。そう期待して、鉢に残したまま来年までとっておくことにした。
 我が家で咲いているのはサフィニアの一鉢のみ。一鉢だとちょっと寂しいので、今日、日々草の苗を買ってきた。新しい鉢も買った。
 日々草は白い花のやつにした。他にもいくつかの色があったけど、店頭で見た時、白い花が鮮烈な感じで綺麗に見えた。我が家のサフィニアはパープルなので、それとのコントラストもいいと思った。
 日々草は、昨年も育てた。昨年は花があまり多く付かなかったので、今年はそのリベンジといきたい。
 昨年は緩効性の置き肥をやっていたのだけれど、日々草のように次から次へと花が咲くタイプの植物にとっては、肥料が不十分だったのだと思う。そこで今年は液肥をやることにした。

 肥料について調べてみた。窒素、リン酸、カリが3大要素。それぞれは相互に作用するので、どれが植物の何に効くのかは一概には言えないけれど、窒素はおおむね茎や葉を育て、リン酸は花や実を付けるのに必要で、カリは根を育て抵抗力を高める働きがあるようだ。
 今回は、株は不必要に大きくならなくていいけど、花は沢山付けて欲しいので、リン酸を多目に含む液肥を探した。
 『ハイポネックス』というのが、窒素、リン酸、カリが6、10、5の割合になっていて良さそうだったので、これを購入。どうやら定番の液肥らしい。2週間後くらいから、週1回程度の割合で与えようと思っている。
画像

 サフィニアには別に『サフィニアの液肥』というのをやっていて、こちらは窒素、リン酸、カリが8、5、5の割合になっていた。サフィニアは株がどんどん大きくなっているが、窒素が多めなのが効いているのかもしれない。

 昨年は、日々草が10月いっぱいまで咲いていたので、今年もそこか、それ以上を目指して育てたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

日々草 Sotaの雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる