アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「音楽」のブログ記事

みんなの「音楽」ブログ


太陽にほえろ!

2012/05/27 08:42
画像 たまーに、懐かしい音楽を聴きたくなることがある。一昨日、太陽にほえろ!の曲が聴きたくなったので、サウンドトラックのCDを購入。
 太陽にほえろ!のメインテーマ、格好いいなあ。名曲だな。
 ジーパン刑事のテーマやボンボン刑事のテーマもいい。疾走感がたまらない。他の曲もいいのがいっぱい。憶えてない曲も沢山あったけど。太陽にほえろ!は、だいたい全部見たはずだから、一度は聴いたことがあると思うのだけど。

 ちなみに、山さん(山村精一刑事:露口茂)が好きだ。いいなあ、山さん。渋格好いい。あと地味な役だけど、長さん(野崎太郎刑事:下川辰平)も好き。もちろん、他の刑事たちもいい味出してた。

 昔の人気刑事ドラマといえば、太陽にほえろ!と西部警察があったけど、私は断然、太陽にほえろ!の方が好き。名作だ。
記事へトラックバック 0 / コメント 2


Shure掛け

2012/03/24 14:25
画像 Shure掛け(シュアー掛け)という言葉がある。右上の写真のように、イヤホンのケーブルを上方に出し、そのケーブルを耳の裏を通して下におろすという、イヤホンの掛け方だ。オーディオ機器メーカーのShureが、自社のイヤホンでこの掛け方を推奨していることから、Shure掛けと呼ばれるようになったらしい。ちなみに、Shureがこの掛け方を最初に考案したのかどうかは分からなかった。
 私が1週間ほど前に買ったSENNHEISERのIE 80も、この掛け方をするように設計されているので、やってみることにした。それ以前に使っていたイヤホンは、Shure掛けではなく、イヤホンから下にケーブルをおろす掛け方で設計されていたので、Shure掛けは初めての経験だった。
 SENNHEISERのイヤホンの話をするのに、他社の名前を使ってShure掛けと呼ぶのもどうかと思うが、Shure掛けと言うのが一番通りが良いので、Shure掛けという言葉でいきたいと思う。

 IE 80を買って帰ったその晩、初めてのShure掛けに挑戦した。ケーブルが上方を向くようにイヤホンを耳に挿し、その後、ケーブルを耳の後ろに回すようにしてみた。
 しかし、何度やってもうまくいかなかった。ケーブルを耳の後ろに回す時に、イヤホンが耳から外れてしまったり、また、耳の後ろに回したケーブルが、頭をちょっと動かすだけで耳から外れてしまうといった案配だ。長い時間を掛けて試してみたが、どうにもうまくいかない。
 IE 80にはイヤーフックというのも用意されていて、別途取り付けることもできる。下の写真のものがそれだ。
画像
 これを使うと耳に引っかけやすくなるようだ。イヤーフックは柔らかい素材+針金でできているので、ある程度形状を変えることもできる。これも試してみた。イヤーフックの形を変えながら、これも何度もトライしたのだけれど、どうにもしっくり来ない。眼鏡を掛けているので、そのフレームとの相性も悪かったのかもしれない。
 だいぶ時間を掛けて、あれこれShure掛けに挑戦したが、その晩はもうあきらめムードになってきた。もうShure掛けにせず、下にケーブルを出すやり方でいいかなって。

 カナル型イヤホンって、耳に差し込む部分が斜めに飛び出している。
画像
 Shure掛けで設計されたものをShure掛けにせず、下方向にケーブルをおろすと、下の写真のように収まりが悪い。
画像
 しかし、イヤホンの左右を逆にすると、下の写真のように、しっくりと収まる。
画像
 だが、それだとステレオの左右が逆になってしまう。けど大丈夫。IE 80はイヤホンの付け根でケーブルの脱着ができるので、ケーブルの左右を逆にしてしまえばいいのだ。
画像
 ちなみに、このケーブルの脱着機能は、ケーブルに不具合が生じた時に交換しやすいようにとか、サードパーティから出ている別のケーブルに交換したりするのが、本来の目的のようだ。でも、左右を入れ替えるのにも使える。

 そして次の日、イヤホン左右逆でケーブル下出しのまま外出してみた。歩道を歩いていると、車の走る音が結構耳に入ってくる。また、歩いているうちにイヤホンが耳から浮いてくる感じもある。自宅でじっとしている時には気がつかなかったが、完全にはフィットしていないようだった。

 翌日の夜、フィット感を高めるにはどうしたらいいか考えた。やはり、Shure掛けで設計されたものは、Shure掛けでないとうまくフィットしないのか。
 そこで、再度Shure掛けに挑戦してみた。すると、昨晩のことが嘘のように、すんなりShure掛けすることができた。昨晩はなぜうまくいかなかったのか、理由が全然分からないくらいに、簡単にできた。
 何度か試しているうちに、イヤホンのケーブルをまず耳の後ろに通し、その後、耳の前側でイヤホンをくるっと回すようにして耳に挿すと、結構スムーズに掛けることができることも分かった。
 頭を動かすと、ケーブルが耳から外れる件は、ケーブルのY字形部分にあるスライダーを上げて、少しケーブルを締めると解決した。これは説明書にも書いてあった。
画像
 麦わら帽子の紐みたいな感じだ。けど、そんなにきつく締める必要も無く、ケーブルが踊らない程度にしておけば大丈夫。
 IE 80には標準サイズの他に、9種類のイヤーアダプタが付属している。一通り試したが、私の耳には標準のものが一番しっくり来た。
画像
 ケーブルが1.2mあって、携帯プレーヤーを胸ポケットに入れる私にとっては少し長すぎる。そこで、audio-technicaのコード巻取りホルダーAT-CW4を使って短くした。
画像

 Shure掛けを始めてから約1週間。今では、さっと、スムーズにShure掛けができるようになった。最初の夜の悩みが嘘のようだ。フィット感も上々で満足している。
記事へトラックバック / コメント


IE 80

2012/03/18 23:41
画像 先日ウォークマンを購入した。一部のクラシックを除く、手持ちの音楽のほとんど全てをウォークマンに入れてから、音楽を聴く時はウォークマンを使っている。
 以前は、外出時は携帯電話+Bluetooth、自宅ではタブレット端末、もしくはPCで音楽を聴いていたのだけれど、それが一つで済むようになった。
 ウォークマンはかなり音が良い。携帯電話+Bluetoothはもとより、タブレット端末よりも音が良いし、我が家のPCよりも音が良いように思う。少し低音が厚めのチューニングのように思うが、それ以外、変な癖も無く、繊細で音の伸びも良く、ウォークマンはとても気に入っている。
 しかし、付属のイヤホンは別。ノイズキャンセリングという魅力的な機構がついているが、音は今一つな印象を受けるし、なにより私の耳に合わなくて、すぐに耳から外れてしまう。どう工夫しても、私の耳には合わなかった。
 結局、それまで使っていたaudio-technicaのATH-CKM55を、引き続き使って聴いていた。CKM55は値段の割に良い音を鳴らすので気に入っていたのだが、プレイヤーがウォークマンになり、送り出し側の音が良くなると、CKM55の良くない点が目立つようになってしまった。良くない点というか、実力の限界というか。今まで気にならなかった部分が気になってくる。
 自宅ではSENNHEISERのHD 580というヘッドホンも使っているが、これはとても良い音を聴かせてくれる。繊細でダイナミック。とても気持ちが良い。しかしHD 580はオーバーヘッドタイプのオープンエアー型なので、外出時に使うのには全然向いていない。それに、自宅で音楽を聴く時でも、何か作業をしながら聴く時は、カナル型イヤホンの方が使い勝手がいい。
 そこでCKM55を使うわけだが、同じ曲をHD 580で聴いて、どんな音か知っているので、余計にあらが気になってしまう。「ここは、こうじゃないんだけどなあ」って。

 そこで16日の金曜日、いいイヤホンがあったら買おうと思い、会社帰りにビックカメラへ寄った。
 ビックカメラではイヤホンを試聴できる。安いイヤホンは常時試聴可能な状態になっているので、一通り聴いてみた。しかし、機種によって音の傾向の違いはあるが、買い換えて満足できるかといえば、ちょっと疑問符がつくものばかりだった。
 ショーケースの中にもイヤホンが展示してあったので、そちらも見た。その中にSENNHEISERのIE 60と、IE 80があり、IE 60の方には『試聴できます』と書かれていた。IE 60と80は音が良いとの評判を聞いていたので、店員を呼んでIE 60を試聴してみることにした。
 店員を呼んでの試聴など初めてだったので、店員がイヤホンをショーケースから取り出してくれたあと、少し戸惑う。どこに繋げばいいの?って。店員がウォークマンのコーナーへ行って、そこに展示してあったウォークマンを使わせてくれた。
 そのウォークマンに入っていたのは、初めて聴く曲だったのだが、明らかにIE 60の音が良いのが分かる。しかし、曲自体がかなりのドンシャリで、音の傾向がわかりにくかった。「自分のウォークマンに繋いでいいですか?」って聞いたら、「もちろんです」と答えてくれたので、自分のウォークマンに繋いで、いつも聴いている音楽を流してみた。

 ああ、もう、CKM55とは全然違う。そう感じた。ビックカメラみたいなガヤガヤした所でも、違いが明確に分かる。フラットで繊細だけど弱々しくなくて、むしろダイナミック。低音から高音までちゃんと伸びて、とても綺麗な音だ。
 いいなあ、IE 60。こうなってくると、IE 80も気になってくる。試しに、「IE 80のほうは試聴できますか?」と聞いてみた。IE 80のほうには試聴できると書かれていなかったけれど、店員がIE 80を出してくれたので、お礼を言って、IE 80を聴いてみる。
 IE 60と比べると、IE 80のほうが上品な印象を受けた。そして、音域も音場も、IE 80の方が広く感じた。短い試聴時間だったけど、やはりIE 80は上位のクラスだけはあると感じた。まあ、ひいき目かもしれないが。
 試聴の間、店員がつきっきりだったので、あまり長々と試聴をするのも悪いと思い、イヤホンを返した。
 で、5秒ほど考えて、IE 80をくださいと言った。どうせ買うなら、いいのにしようと思った。IE 60と値段が倍違うので、少しだけ迷ったけれど。

 ビックカメラからの帰り道、こういうのって道楽だなあって思った。でもたまには道楽っぽいこともしないと、人生つまらないよね。

 で、このIE 80を使いこなすのに手こずったのだけど、まだ完全に使いこなせていないし、長くなったので、その話はまた別の機会に。
記事へトラックバック 0 / コメント 2


起・承・転

2012/01/21 11:21
画像

ドーーーーーン!!!!!
記事へトラックバック 0 / コメント 2


イヤホン壊れる

2011/12/25 13:06
画像 音楽を聴く時に、いろんな方法を使う。スピーカーから大音量で音を出すことはできないけれど、小さめの音量でBGM的に音楽を流すとか。
 あるいは、ちゃんと聞きたい時は、PCで音楽を再生し、それをアンプに繋いだSENHEISERのHD580で聞く。我が家では一番音の良い組み合わせだ。
 何か作業をしながら気軽に聞きたい時は、タブレット端末で音楽を再生し、BluetoothヘッドセットMW600にaudio-technicaのイヤホンATH-CKM55を繋いで聞く。Bluetoothのいいところは、ワイヤレスなので家の中を動き回ることができる点だ。狭い家なので、案外電波が届く。携帯型音楽プレーヤーでも同じかと思われるかもしれないが、MW600にはクリップが付いているので、ポケットの無い服を着ていても、袖口とか襟元とか、どこかしらに留めておけるのがメリット。
 外出する時は、携帯電話+MW600+ATH-CKM55という組み合わせに変わる。
 昨日のことであるが、イヤホンATH-CKM55の右側が壊れてしまった。音楽を聴いた後、耳から取り出そうとした時に、いつもとは違う違和感が。取り出してみると、ハウジングがパッカリ割れていた。
 赤い部分と黒い部分を接着剤で付けてあったのが、接着剤がはがれたようだ。観察してみると、幸いにも中の配線は切れていなかった。また、ドライバーユニットも無事のようだ。うまく接着すれば、また使えそう。
 まず接着面を綿棒で綺麗に掃除する。油分とか古い接着剤の残りなどを入念に取り除く。そして、瞬間接着剤で接着した。瞬間接着剤なんかで大丈夫かとも思ったが、他に良い接着剤が思いつかなかった。
画像
 瞬間接着剤って、時として驚くほどの接着力を見せるけど、また時として、あっけなく剥がれてしまうこともある。部材の材質にもよるのだろうが、接着してみないと分からない。今回は、接着面の面積が少なかったのでちょっと心配だが、そんなに大きな力がかかるところでも無いので、案外大丈夫かもしれない。
 ちなみに、ATH-CKM55は2009年9月に購入したと、このブログに書いていた。およそ2年か。ほぼ毎日使っているので、そのくらいでガタが来ても不思議ではないか。
記事へトラックバック / コメント


速弾きの

2011/12/04 21:26
 少し前から気になっていた音楽がある。具体的な曲名ではなく、その曲のジャンルが気になっていた。といっても、そのジャンルすら知らなかった。分かっていたのは、いかにも古き良き時代のアメリカンな感じのリズムで、テンポがすごく速い曲。いや、テンポが速いというよりも、速弾きと言ったほうがいい曲。
 カントリーミュージックかと思って検索してみたが、むしろテンポのゆっくりした曲ばかりが見つかる。ウエスタンとかラテンとか、キーワードを変えて検索しても見つからなかった。
 唯一、バンジョーという楽器が印象に残る曲だと分かっていたので、それを元に検索を続け、ようやく見つけた。
 曲のジャンルはブルーグラスというらしい。そして『Sleepy Man Banjo Boys』という三人組の素晴らしい演奏をYouTubeで見つけた。

 日常的にこのジャンルを聴き続けたいとまでは思わないけど、ジャンルも分かったし、演奏も聴けたので満足。それにしてもすごいな、Sleepy Man Banjo Boys。
記事へトラックバック / コメント


Bluetoothは送出側も大切

2011/05/14 23:59
画像 移動中などに音楽を聴くために、Bluetoothステレオヘッドセット、SONYのMW600を使っている。プレーヤーはdocomoのFOMA P-02Aだ。ノイズ等も全然感じられず、圧縮して電波で飛ばしているとは思えないほど、良い音で音楽を聴くことができ、とても満足している。
 先日、我が家に新しいBluetooth対応機器が登場した。LenovoのIdeaPad U165。これにマイクロソフトのBluetooth Notebook Mouse 5000を組み合わせて使っている。特に使い勝手が悪いようなこともなく、普通に使えている。
 4月の終わり、ゴールデンウィークに実家に帰省した時に、IdeaPad U165とMW600の組み合わせで、音楽を聴こうと思い立った。メモリー容量の関係で、P-02Aには、私の持っている全ての曲を入れてあるわけではないので、PCで聴けるのであれば、そっちの方がなにかと便利だからだ。PCには全ての曲が入っている。イヤホン用の長いケーブルも持って帰ったが、Bluetooth経由で聴けるのであれば、ずるずる長いケーブルが邪魔にならなくていい。
 さっそくU165とMW600のペアリングを行った。MW600は、3台までの機器が登録できるマルチペアリング機能付きだ。1台目はP-02A、2台目がU165となった。
 ペアリングが終わったので、U165+MW600の組み合わせで音楽を聴いてみた。そして、かなりがっかりした。
 ノイズがひどいのだ。音楽がジャリジャリいっている。曲が始まった途端に分かるくらいのひどさだ。
 「あれ? Bluetoothってこんなに音が悪かったっけ?」と思い、P-02A+MW600で同じ曲を聴いてみる。
画像
 こちらの組み合わせでは、ノイズなど全くない。
 再びU165+MW600に戻す。どこかの設定をいじって、ノイズが消えないか試そうと思ったが、Bluetoothオーディオに設定できる項目などほとんどない。Bluetoothマウスを使わないようにしてもだめ。結局、ノイズを消すことができなかったので、長いケーブルにイヤホンを繋いで、有線で音楽を聴いていた。

 ゴールデンウィークも終わり、あらためてU165のBluetoothの事が気になった。音の悪さはU165固有の問題なのか。それともPCのBluetoothはそんな物なのか。
 そこで、デスクトップPCでもBluetoothが使えるように、PLANEXのBT-Micro3E1XZを購入した。
画像
 Bluetooth 3.0対応の小型のUSBドングルだ。これをPCに接続すると、Bluetoothが使えるようになる。
 BT-Micro3E1XZを繋いだデスクトップPCとMW600をペアリングし、さっそく音楽を聴いてみた。ノイズが発生していないか、注意深く聴く。結果的には、U165の場合ほどではないが、デスクトップPCでもノイズが乗っていた。ノイズはU165の場合と同じタイプで、どこかで信号がサチっているんじゃないかと、そんな印象のノイズだ。
 まとめると、以下のようになる。
・FOMA P-02A + MW600 → ノイズ無し
・IdeaPad U165(Bluetooth内蔵) + MW600 → ノイズ多め
・PC + BT-Micro3E1XZ + MW600 → ノイズ有り

 携帯電話はBluetoothに関しても作り込んであるのだろう。さすが日本の携帯電話だ。それに対してPCは、汎用的なものなので、細かい部分までの作り込みはできていないのかもしれない。
 でもまあ、BT-Micro3E1XZに関しては、聴くに堪えないと言うほどではないかなって気がする。便利に使えそう。U165のBluetoothは、ちょっと聴くに堪えなかったのが残念。
記事へトラックバック 0 / コメント 2


Bluetooth

2011/02/19 13:27
画像 いまの携帯電話にはいろんな機能が付いている。通話、メール、ブラウザはもとより、カメラ、ワンセグ、音楽プレーヤー、IC、GPS、赤外線、Bluetooth、ボイスレコーダ、その他もろもろ、書ききれないほど。
 その中で、Bluetoothは今まで使ってなかったけど、音楽を聴く時にイヤホンのケーブルをつながなくてよくて、便利そうなので使ってみることにした。
 通勤のひとときもあるし、仕事で外出する際の移動中など、音楽を聴きたいと思ったからだ。
 docomoもオプション品としてBluetoothヘッドセットを出しているが、数ある中から、Sony Ericsson製のワイヤレスステレオヘッドセットMW600を選んだ。Bluetooth Ver.2.1 EDR対応だ。

 MW600は有機ELディスプレイが付いていて、再生中の曲名を表示できる。ただし、携帯電話側が対応していればの制限がある。また、FMラジオも付いていて、これ単体でFMラジオを聴くことができるのも魅力だ。
 再生中の曲名が表示できる条件としては、携帯電話側がBluetoothのプロファイルとして、AVRCP 1.3以上に対応していること。MW600の動作確認済み機種一覧が、ウエブで公開されている。それによると、最新の機種なら大丈夫というわけでもないようだ。私が使っているdocomo FOMA P-02Aは古い機種なので、一覧表に名前すら出ていない。P-02AはBluetooth Ver.2.0。まあ、2.1は2.0と下位互換性があるし、悪くてもヘッドセット側に曲名が表示されないだけで、他は使えるだろうと思い、MW600を購入した。

 品物が届いたので、動作を試してみた。携帯電話で音楽プレーヤーを起動し、音楽を再生してみた。果たして曲名の表示は?
 結果は、MW600のディスプレイに、再生中の曲名が表示された。P-02Aは最新の機種ではないが、AVRCP 1.3に対応していたようだ。やるなPanasonic。惚れ直しました。
 MW600にはタッチセンサ式のボリュームと、一時停止/再生、送り、戻しの3つのボタン、通話ボタン、電源ボタン、マイクが付いている。それらの操作ができるかどうかも試してみた。
 音楽プレーヤーの時、一時停止/再生ボタンや曲送り、曲戻しは問題なし。送り、戻しボタン長押しによる、早送りと巻き戻しはできなかった。まあ、私は音楽を聴いていて早送りや巻き戻しをすることはあまりないので、実質問題なし。
 ワンセグの音声もMW600で聞ける。送り、戻しボタンによるチャンネル切り替えも可能。MW600のディスプレイにはチャンネル番号が表示される。
 ムービー再生も問題なし。この場合は一時停止/再生と、送り、戻しボタンでの早送りと巻き戻しができる。MW600のディスプレイには、ムービーのタイトルが表示される。
 FMラジオは、イヤホンのケーブルがアンテナになるタイプだが、十分に高感度で、電車での移動中もラジオを楽しめる。さすがに、移動中は全くのノイズレスというわけにはいかないが、少なくとも私が通勤で使う経路では、十分に楽しめる音でラジオが聴けた。早めに帰宅する時は、好きなGROOVE LINE Zという番組を聞きながら、電車に乗っている。
 タッチセンサ式のボリューム操作は、最初は少し戸惑ったが、数日で慣れた。不用意に音量が変わってしまうようなこともない。

 音楽やFMなどを聴いている最中に電話がかかってきたら、着信音がイヤホンから流れる。MW600の通話ボタンを押せば、そのまま通話が可能。MW600のディスプレイには電話番号が表示される。『対応している電話機』であれば、電話帳に登録されている名前が表示されるらしいが、『対応している電話機』がどういう条件なのかは、結局分からなかった。少なくともP-02Aは電話番号の表示だ。

 Bluetoothは音が悪いという話を耳にするが、MW600で音楽を聴いても十分に高音質だ。データを圧縮して電波で飛ばしているとは思えないくらい。室内でじっくりと音楽鑑賞をするという場合には、気になる事があるのかもしれないが、移動中に使うという用途であれば十分すぎるほど。
 ちなみに、付属のイヤホンは少し高音強調気味で、シャリっている感じがしたので、お気に入りのaudio-technica ATH-CKM55を使っている。

 ここ1週間ほどBluetoothを使っているが、電池の持ちもそんなに悪くはない。MW600は8時間持つし、携帯電話側はBluetoothの電源をOFFにしていた頃と比べれば、若干持ちが悪くなった感じがするが、大きく気になるほどじゃない。
 携帯電話の機能を、また1つ活用できた。
記事へトラックバック 0 / コメント 2


AmazonとiTunes

2010/11/25 21:53
画像 少し前からAmazonで音楽のダウンロード販売が始まった。MP3形式のDRMフリーで1100万曲以上だそうだ。iTunesやmoreなどの音楽ダウンロード販売をよく使う私にとっては、選択肢が増えるのはありがたい。
 さっそく何か買ってみようと思い、選ぼうと思ったが、邦楽はまだ曲数が少ないようだ。なかなか欲しい物が見つからなかった。ベストセラーの中に、ダ・カーポさんの『空からこぼれたstory』が入っているあたり、きっと皆さんも曲が選べなかった結果、こうなったのかもって思ったりする。
 ちなみに『空からこぼれたstory』は、1984年にテレビで放送されていた『名探偵ホームズ』というアニメのテーマソングだ。私が学生だった頃の、四半世紀も前の曲。まあ、いい曲ではあるが、今これがベストセラーに入るのは普通じゃないよね。
 で、私も選びあぐねた結果、結局『空からこぼれたstory』と『テームズ河のDANCE』を買っちゃった。だって、他に欲しいのなかった。これでまた、この曲の売り上げランキングが上がったわけだ。
 まだ始まったばかりだからしょうがないんだろうけど、今後のラインナップ増強に期待したい。Amazonならではっていうのが欲しいな。

 それともうひとつ、iTunesでダウンロードによる映画レンタルも始まった。一部タイトルは購入もできる。レンタルの場合、ダウンロードしてから30日以内に見始め、見始めたら48時間以内に見終わらないといけない。期限が切れると、ダウンロードしたファイルは消去されてしまう。2日間あるので実際は余裕なんだけど、でも改めて2日間って言われると、早く見なくっちゃって焦ってしまう。
 さっそく何かを見てみようと思ったが、こちらもまだ始まったばかりで、タイトルは少なめな印象だった。選べるタイトルは1000本以上とのことだが、映画のタイトルに関しては、私の知識が少なかったり、有名どころはテレビ放送で見たから、選べるものが少なく感じたということはあるかもしれない。
 その中から、タイトルを聞いたことのある映画を選び、1本視聴した。タイトルによってはSD画質とHD画質が選べるものもあるが、私が選んだものはSD画質のみ。でもまあ、PCのモニター(20.1インチ)で見る分には十分に綺麗で、楽しむことができた。
 でも、映画はできれば大きな画面で見たいよね。そうなると、PCモニターより画面の大きなテレビで見たい。まあ、我が家のテレビは大きいといっても、今のテレビの主流からすれば小さめな26インチだけど。それでもPCのモニターよりはでかい。
 我が家のPCにはモニターが2台つながっている。ビデオカードの実力として、これが限界。これに加えてテレビをPCにつなぐには、工夫が必要だ。例えば、USBタイプのビデオアダプター。しかしこれ、各社から出ているけれど、まだこなれていない感じがする。本体のビデオカードとの相性が悪いとか、動画再生がうまくいかないとか、結構問題が報告されているようだ。
 ビデオカード2枚刺しという方法もあるが、x16 PCI Expressスロットが足りない。AMD(ATI) RADEON HD 5000シリーズ以降は、1GPUで3画面以上をサポートした製品もあるので、そういうのに変更する手もある。しかし、最近のビデオカードは消費電力が大きいんだな。私のPCの電源容量じゃ、足りないかも。
 などなど、いろいろ考えてみたりするが、なにはともあれ見たい映画がなければ始まらない。iTunesの映画も、ラインナップの充実に期待したい。

 一方では、音楽ダウンロード販売サイトのMUSICOが、来年春でサービス終了という寂しい話もある。なにかと厳しい状況だったりするのかもしれないけれど、Amazonの音楽ダウンロードも、iTunesの映画レンタルも、うまく軌道に乗って欲しいな。そのためには、やっぱりラインナップの充実が重要だと思うのだ。両社とも商売上手なので、期待したいところ。
記事へトラックバック 0 / コメント 2


Ladies & Gentleman, The Carpenters!

2010/10/21 18:56
画像 "Ladies & Gentleman, *** Carpenters!"の掛け声で始まる、カーペンターズのライブ録音のレコードがあった。
 カーペンターズのライブって、いったいいつの話だってことなのだが、1974年のこと。この年の大阪での公演を収録したものだ。レコードの発売は1975年だった。当時レコードを買ったのは私ではなく姉だ。子供だった私は、その頃カーペンターズにぜんぜん興味はなかったのだ。
 だが、レコードを何度か聴いているうちに、結構いいなって思えてきた。で、カセットテープに録音して、時々聞いていた。しかし、カセットテープレコーダーが我が家から消えてから、聴くこともなくなった。レコードもあるが、レコードプレーヤーがない。
 そのかわり、カーペンターズのベスト版CDを買って、それは今でも時々聞いている。これはライブではなく、スタジオ録音のもの。スタジオ録音のそれはそれでまあいいんだけど、ライブのレコードのほうも今でも心に残っている。熱狂的なカーペンターズファンというわけでもないのに、なぜかそちらを聞きたくなることがある。
 このレコードに関しては不思議なことがある。まあ個人的なことなのだが、ライブの前半と最後のあたりは、どんな曲が収録されているかを覚えているが、ライブの中盤がぜんぜん思い出せないのだ。そんな不思議さもあってネットで検索してみたら、そのライブ版はCDが発売されていることがわかった。Amazonで注文すれば翌日に届く。おもわずポチってしまった。
 届いたCDをさっそく聴く。懐かしい。昔のままだ。あたりまえだけど。
 感想は、やっぱり良かった。ただ、一部を除いて。その一部というのはライブの中盤。ライブの中盤はカーペンターズの歌ではなくて、彼らが好きなオールディーズのメドレーが演奏されるのだ。
 そうそう、なんとなく思い出した。むかし聴いたときも、そのオールディーズの部分がいまいち私の好みじゃないなって思ったのだ。で、その部分は聞き飛ばしていた。だから、ライブ中盤のその部分が思い出せなかったわけだ。
 いま聴いても、やっぱりその部分はいまいちだと思った。もちろんこれは好みの話であって、演奏の出来の話とかじゃない。
 その他の部分はとっても良かった。冒頭のメドレーの部分も、カレンが京都少年少女合唱団と一緒に日本語で歌う『Sing』もとてもいい。懐かしいな。懐かしすぎて、むしろ新鮮、みたいな感じ。
 このCDもPCに取り込んでおいた。きっと時々思い出しては聞くんだと思う。

 ところで、冒頭で *** と書いた部分があるが、伏せ字にしたかったわけじゃない。ライナーノーツでは"The Carpenters"となっているが、私には"are Carpenters"としか聞こえない。どっちが正解か分からなかったので、*** にしておいた。("are"にしか聞こえないんだけどなぁ…)
記事へトラックバック 0 / コメント 2


タイトル 日 時
イヤーパッド
イヤーパッド  私はよく音楽を聴く。ほぼ毎日と言っていい。ツーリングや出張などで家に帰らない日は聴けないとしても、家にいる間は音楽を聴いていることが多い。あるいはテレビを見ているか。  でも、テレビやDVDは目で見てなくちゃいけないので、『ながら』が難しい。その点、音楽なら聴きながら他のことをすることができる。まあ、テレビ番組でもニュースなら聞いているだけでもよいけど。  もちろん、ながらではなく、音楽を集中して聴くこともある。寝る前のひととき、ゆったりとした気持ちで、お気に入りの音楽を聴くのは最高だ。 ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/02 21:24
音楽を持ち出してみた
音楽を持ち出してみた  私の携帯電話に、ミュージックプレイヤー機能がついている。携帯電話を買ってから今まで、使ったことがなかった。でもせっかくついているんだから、ちょっと使ってみようと思った。  いま使っている携帯電話は、PanasonicのFOMA P-02Aだ。ミュージックプレイヤーで再生できるメディアフォーマットはAAC、WMA、それにSDオーディオだ。SDオーディオは、別途SD-JukeboxというPC用ソフトを購入して、それを使って携帯電話に音楽ファイルを転送する必要があるようだ。でもWMAファイルなら、... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/17 18:33
読めへん
読めへん  タイナカ サチさんの新しいアルバムがリリースされた。3枚目のアルバム『Destiny』。予約していたCDが今日届いた。さっそく聴いてみた。今回のアルバムもいい感じだ。今も、歌を聴きながらこの文章を書いている。  タイナカ サチさんの歌を初めて聞いたのは、忘れもしない2007年8月23日。NHKの『スタジオパークからこんにちは』という番組でだ。この番組は、平日のお昼過ぎの放送。基本的に会社でテレビは見られないが、1カ所だけテレビを見られる場所がある。それは、会社の診療所の待合室。その日、私はう... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2009/09/15 20:16
卒業式の歌
卒業式の歌  なんか3月終わっちゃったんだけど、終わってから話をするのも何だけど、3月は卒業シーズン。学校やらなにやら、卒業された方も多かろう。  先日、とあるテレビ番組で、卒業式で歌った歌の思い出という話題が出ていた。テレビ出演者の皆さんは、『贈る言葉』とかそういう感じの曲を思い出としてあげていたが、私は卒業式の思い出の歌と聞いた時に、まっさきにある歌を思い出した。私が通った小学校の卒業式で、卒業生と在校生、それに先生が掛け合いで歌った歌だ。  まず、低・中学年の子が歌い始める。♪仲良く遊んでくださっ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/04/01 23:00
60枚組
60枚組  こんなのが出ているなんて知らなかった。他の方のブログを見て、はじめてその存在を知った。昨年の9月発売の、BAROQUE MASTERPIECES。バロック音楽のCD集、その数なんと全60枚組。プラス、解説のPDFファイルが入ったCD-ROMが1枚。  これで、お値段は約5000円。CD1枚あたり90円以下。クラシックのCDはリーズナブルな値段のものが結構あるが、これはもうどれだけ安くすれば気が済むのかといった感じ。しかも、けっこう有名どころの演奏を集めたものらしい。私はそんなにバロックに明る... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/15 18:40
USBラジオ
USBラジオ  最近、ときどきFM放送を聴いている。FM放送を聴く目的は、最近の音楽に触れるためだ。昔は、FM情報誌を買うくらいFM放送もよく聴いていたし、レコード屋にいった時には、ジャケットの雰囲気でレコードを買う、いわゆるジャケ買いもしていたので、新しい音楽に触れる機会があった。  しかし、ここずいぶんと長い間、FM放送も聴かなくなったし、CDも通販で買うので、CDショップに足を運ぶこともなくなった。テレビも見ている音楽番組と言えば、tvkのsaku sakuぐらいだ。そうなってくると、新しいアーティス... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/12/07 10:15
Hotel California
Hotel California  先日突然、EaglesのHotel Californiaが無性に聴きたくなった。長い事聴いていないが、あの素敵なメロディを思い出したのだ。昔、カセットテープを使っていた頃によく聴いていた。だがCDは買っていない。  EaglesのCDとしては買っていないが、オムニバスアルバムの中にあるかもしれないと思い、PCの音楽フォルダ内で検索してみた。曲名がMP3ファイルのファイル名になっているから、Hotel Californiaで検索してみればいい。もっと簡単に、Hotelだけで検索してみた。だが、... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/10/16 23:41
音楽が頭の中をぐるぐる
音楽が頭の中をぐるぐる  ふと、ある音楽を思い出して、その曲がずっと頭から離れないことがある。同じ曲を何度も何度も、繰り返し頭の中で口ずさむ。そんなことが時々ある。最近よく聞いている曲だったり、テレビ番組のテーマソングだったり、テレビCMで流れている曲だったりすることが多いが、すごく昔に聞いた曲を思い出すこともある。  今日、ふと思い出したのは、パタパタという曲。私が知る限りでは、谷山浩子さんがパタパタという曲を歌っているが、私が思い出したのは、それとは違うパタパタ。ずっと昔、私がまだ小学生だった頃に聞いた、外国の女... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/23 21:33
いいことあるさ
いいことあるさ 今日は朝からひどく疲れていたので、会社を休んだ。最近、調子の良い日と悪い日の割合は、五分五分くらい。今日はとりわけ悪かった。朝からずっと寝ていたので、そのぶん少し夜更かししてみる。明日は土曜日で休みだし。いまお気に入りのCDは、鈴木康博さんの「いいことあるさ」。今日は、いったい何度聞いたら気が済むんだっていうくらい、繰り返し聞いた。どの曲も胸にしみるいい曲だ。いいことあるかな。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2007/11/10 01:48
アルバムアート
アルバムアート 音楽をPCに取り込んで聞いているのですが、アルバムアート、要するにジャケット写真については無頓着でいました。普段Winampで曲を聞いています。iTunesのように気の利いた表示はできませんが、Winampでもアルバムアートの表示はできます。であれば、表示できるようにしておきたいところ。アルバムアートを表示するためには、アルバムの画像データを入れておかなければいけないのですが、むかしPCに取り込んだアルバムなどは、画像データは入れていませんでした。そこで一念発起、アルバムアートを入れていなかった... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/03 22:26
なつかしい匂い
なつかしい匂い 昔よく聞いていた曲を、ふと思い出した。思い出しついでに、押入れの奥にしまいこんであったレコードを引っ張り出してみた。もう20年も聞いていないレコード。取り出してみたら、ほのかにレコードスプレーのなつかしい匂いがした。でもレコードプレーヤーがないので、今は聞くことができない。昔買ったレコードの大半は、CDで買いなおしたり、オンライン販売で購入したりしているのだが、レコードしかないものがある。iTunesにもmoraにもamazonにもどこにもないのだ。マイナーなものはCD販売は難しいにしても、オン... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2007/07/16 00:38
そうかな
そうかな 小田さんの5年ぶりのオリジナルアルバムです。映画やテレビ番組のテーマソングになっている歌がいっぱい。活躍ぶりがよくわかります。当然のごとく聴き応えがあって、安心して聴ける一枚です。(amazonへリンク:そうかな) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/06/15 00:00
なぜ?
なぜ? 久野かおりさんの新しいアルバムが出ているのに、6ヶ月も気がつきませんでした。4月7日発売のMELROSEです。サックスプレーヤーでもあるシンガーソングライターの久野かおりさんの歌声は、透き通っていて素敵です。最近多いパワフルな感じではなく、ライトでエレガントな感じです。癒し系というのでしょうか。サックスを中心としたインストゥルメンタルもいい感じです。いつも購入しているのに、なぜ4月の発売に気がつかなかったのか。4月は…。何をしていたのか思い出せませぬ。(amazonへリンク:MELROSE) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2004/10/04 00:00
A Valid Path
A Valid Path アラン・パーソンズさんの新しいアルバム「A Valid Path」がリリースされました。(amazonへリンク:A Valid Path)とてもいいアルバムです。Valid Pathを行きたいものですね。私などはInvalid Pathを進んでばかりで、いま居るところはどこなのやら。そんな事は置いといて、感想など。** Return to Tunguskaこれぞアランパーソンズという感じの聴き応えのある曲。ツングースカの爆発は隕石でなく、宇宙人の仕業だった?** More Lost Withou... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2004/08/25 00:00

トップへ | みんなの「音楽」ブログ

Sotaの雑記 音楽のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる