バイク用品なのに

画像 私はバイクに乗っている時に、無性に時間が気になる。時間までに目的地に行かなければいけないとか、何キロ走るのに何時間かかったかが知りたいとか、そういう場合も無いではないが、たいがいは時間に縛られることなく走っている。それでも時間が気になるのだ。バイクに乗っている時に限った話じゃないかな。散歩している時でも、仕事をしている時でも、とにかく何かにつけて時間が気になるのだ。
 そういう訳なので、バイクには時計を付けている。写真の時計は、今回新しくつけなおしたもの。
 以前は、写真の時計よりも一回り小さい時計をバイクに付けていた。それは非常にコンパクトで、夜間でも見えるようにバックライトが付いていた。
 コンパクトである事は重要だ。カウルのないネイキッドタイプのバイクなので、ハンドル周りはすっきりさせておいた方が見た目がいい。とはいえ、古いタイプのETCのアンテナが付いていたりして、すっきりとはかけ離れた状態になっているが。でも、やっぱりコンパクトな方がいい。
 バックライトも重要だ。日が暮れると余計に時間が気になってしまう性質だから、暗い所でも見えないと困る。ずっと以前は、バックライトの付いていない時計を付けていた。そのときは、夜間に時間が気になった時には、街灯の下を通過する一瞬を狙って時計を見たりしていたが、街灯の位置や明るさの関係で見えない事も多く、イライラした。そんなふうに時計を気にしながらの運転は危ないので、すぐに時間を見る事ができるバックライトは重要なのだ。
 その以前使っていた時計は、数ヶ月で壊れてしまった。ある日、時計の表示が消えていたので、きっと電池切れだろうと思い、ボタン電池を買ってきて交換した。しかし時計は表示されない。何度か電池を入れ直したりしてみたが、結局だめだった。それが春先の話。

 以前このブログで、月に一回くらいはバイクに乗ると書いたが、今シーズンはほとんどバイクに乗らなかった。先日久々にエンジンをかけようと思ったら、バッテリーは弱っているわ、エンジンはなかなかかからないわで、さんざん苦労した。それでも何とかエンジンの始動に成功。久々に乗るバイクは楽しかった。
 やっぱりたまにはバイクに乗らないといけないなと思った。壊れた時計も新しいのに交換しようと思い、バイクショップに行って時計を買ってきた。それが写真の時計。
 以前のと同じものも売っていて、それが一番コンパクトだったが、すぐに壊れてしまったのであまり印象が良くない。そこで、一回りサイズが大きくなるが、別のものを購入した。もちろんバックライト付きだ。温度も表示されるが、私にとっては温度計はあまり重要ではない。バイクに乗っていれば、温度は肌で感じる事ができる。
 パッケージを見ると、次のように書いてあった。
画像
 防雨設計と書いてある。バイク用品なんだから、雨に強くないと困るよねと思ったが、小さい字で気になる事が書いてある。「多少の雨なら安心。
 なんだよ、「多少の雨なら」って。なんだか頼りないな。バイクに乗っていたら、急に暴雨に遭う事だってあるだろう。それに、雨量は少なくても、高速道路を走っていたら時速100km(+α)で水滴を浴びる事になるのだ。強い雨でも安心でないと困るんだけど。今時、携帯電話だって水の中に沈めても大丈夫な機種があるのだ。バイク用品は、しっかりと防水にして欲しいな。
 まあ、どれくらいの雨に耐えられるか、それはおいおい分かるだろう。それにはまず、バイクに乗らなきゃ