パープルカリフラワー

画像 今自炊しているけれど、毎日同じようなメニューだなといつも思っている。佐々木倫子さんの「既視感のおかず」という漫画があったが、まさにそういう感じだ。既視感というか、同じ食材を同じように料理したのだから、完全に同じなのだが。
 今日スーパーに買い物に行った時、いつもと違う野菜を選ぼうと思い、見て回った。そうしたら野菜売り場の一角に、パープルカリフラワーというのがあった。パープルか。今までの私の食卓にはなかった色だと思い、買ってみた。ついでにキャベツも買った。今日は、パープルカリフラワーとキャベツ、それに冷蔵庫にあったピーマン、玉葱、人参でサラダを作る事にした。
 パープルカリフラワーは結局はカリフラワーなので、茹でるか蒸すかしないといけない。私は電子レンジを使う。小さな房に切り分け、洗ってから耐熱容器に入れ、電子レンジで1分20秒加熱。
 だいたい、野菜というものは火を通すと色が鮮やかになる。どれくらい鮮やかな色になるんだろうと期待しながら待った。
 加熱完了。レンジから取り出して、容器の中を見て思った。

 あれっ?パープルどこいった?

 パープルは消えて、緑色になっていた。ブロッコリーと見分けが付かない。とりあえず、ざく切りキャベツと人参は電子レンジで加熱し、ピーマンと玉葱は薄くスライスしてサラダが完成。
画像
 これはつい先日食べた、ブロッコリーを使ったサラダに似ている気がする。まさに既視感。