糖質オフ

画像 9月に受けた定期健康診断で、コレステロール値が基準値の範囲内ではあるけれど、かなり高めなのが気になった。油を使った料理が多い食生活が一番影響しているんだろうけど、よく飲むビールも関係しているかもと思った。そこで、ちょっとだけカロリーが低くなる、糖質オフの発泡酒などにしてみようと考えた。
 同じくカロリーが気になる人は結構いるようで、各社から糖質オフの発泡酒や、いわゆる第3のビールが売られている。どれが私の口に合うのか分からなかったので、とりあえず各社のものをいろいろ買ってみた。
 本物のビールにはかなわないものの、結構美味しいものもあるし、逆に一口目から美味しくないと思うものまで様々だ。私はよくビールを飲むとはいっても、今は1回に飲むのは350ml、1缶だけにしている。口に合わないとビールが進まないが、沢山飲むのではなく、1缶飲む間だけ美味しいと感じればいい。そうやって飲んでみると、発泡酒や第3のビールも案外いけるものがある。
 糖質オフでカロリーが減るとはいえ、根本的にアルコールのカロリーがあるので、糖質だけ減らしてもカロリーは大幅には下がらない。全体的に糖質オフの製品は、アルコールの度数も低くして、よりカロリーを下げているようだ。アルコール度数が3%のものもあり、一般的なビールの半分近い。1缶だとほとんど酔わないが、味が楽しめればそれでいい。
 あと、以前はビールを飲む時にチーズを食べていた。チーズは栄養価が高いが、カロリーも案外あるので、少量の枝豆に変えてみた。ビールを飲む時に、なんとなくつまむものが欲しいだけなので、沢山はいらない。
 などと、ビールとつまみをちょっとだけ変えてみても、コレステロール値を下げる効果はそんなに無いかなと、正直思っている。でもまあ、気休めにでもなればいい。コレステロール値を下げたかったら運動しろって事なんだろうけど、それがなかなかできない。毎日定時出勤、定時退社なので時間はあるんだけど。