ジャケットを新調する

画像 バイクに乗る時は服装に気をつかう。特にこの時期は、防寒が重要になってくる。バイクに乗ると否が応でも強い風を浴びるので、普通の服装だとだんだん体温が下がって、寒さで体が震えてくる。そんなのじゃ楽しくないし、体が縮こまって危ないと思う。たくさん着込めば寒さは防げるかもしれないが、たまにものすごく着ぶくれた状態でバイクに乗っている人を見かけるけど、正直あまり格好良いとは思えない。ミシュランのビバンダムじゃないんだから。だからバイクに乗る時は、専用のジャケットを着ることにしているのだ。
 今まで着ていたのはGOLDWINのGSM2506というモデル。オールシーズン対応という感じのものだったように思う。下の写真がそれだ。
画像
 このジャケットは防寒性は高くないので、冬は中に1枚フリースなどを着て、その上にジャケットを羽織っていた。内側からTシャツ、襟付きシャツ、フリース、ジャケットの4枚重ねだ。しかしジャケットが風を通さないので、この服装で、真冬の夜間でもあまり寒くなくバイクに乗ることができていた。
 しかし、古い物なのでだいぶくたびれてきた。破れたり綻んだりしているところはないし、機能的にも問題はないのだが。あ、以前転んで骨折した時にできた擦り傷が、右袖の先のほうに残っている。その部分だけ生地が薄くなってしまっているが、それ以外に大きな傷みはない。
 しかし、だいぶ古さを感じさせる見た目になってしまった。いつ頃買った物なのか定かではないが、2005年夏の九州ツーリングにも着て行ったし、その1,2年前に買ったのだと思う。もちろんこれまでに何度も洗濯しているし、防水性のあるジャケットなので、雨が降っても上にレインウエアを着ることなく、そのまま雨の中を走っていた。そういうこともあって、くたびれてきたのだろう。

 先週、バイクカバーを買いにバイク屋に行った時、店内をいろいろ見て回った。その時に、一目見てこれはいいと思ったジャケットがあった。冬物・防寒用品など激安処分中ということで安くなっていたが、それでも、少なくとも私にとっては少しお高めなお値段だった。だからその時は買わずにいたのだ。でもずっと気になっていた。
 今まで着ていたジャケットを改めて見てみて、そのくたびれた感じから、そろそろ買い換え時かなと思い、今日またバイク屋に行ったのだ。
 お目当ての商品は先週から決まっている。今日も店頭に並んでいた。しかも、先週より安くなっていた。それが一番上の写真のジャケット。こちらもGOLDWINの、GSM12955というモデル。アウターのジャケットとインナーウエアの2枚組になっていて、防寒性は高そうだ。店内で試着した時に、暑いと思ったくらいだ。アウターだけを着ることで、春や秋にも向いているという。
 これまで着ていたのは、釣りをする人が着ているようなポケットの沢山ある服、とまあそこまではいかないが、表にポケットが4つ付いていて、多機能な感じだった。今回気に入った服は、いかにもバイク乗りっていう感じではなくて、普通のコートのようなシンプルなデザインなところも良かった。試着したり、いろいろなところを見たあと、改めて気に入ったので購入した。

 今日さっそく新しいジャケットを着て、バイクに乗ってみた。今日は晴れているが最高気温が8度という事で、この季節にしては少し寒めの気温。だが、新しいジャケットは全然寒くなかった。インナーにウインドストッパーという生地が使われていて、風を通さないのも暖かさの秘密のようだ。高速道路も走ってみたが、襟回りもしっかりしていて、そこから風が入って寒いという事もなかった。
 肩と肘の部分に柔らかいパッドも入っている。防水性もあるようなので、軽い雨ならレインウエアなしでもいけそうだ。

 ちなみに、上はジャケットを着ているが、下はジーンズだ。もちろん、ジーンズだけだととても寒い。短い時間なら良いが、少し走ると寒さで足ががたがた震えてくる。これを防ぐため、ウインドストッパー生地を使ったインナーパンツを、ジーンズの内側に履いている。薄い生地の裏起毛インナーパンツだが、風を通さないので寒さを防げる。インナーパンツとジーンズだけで、真冬の夜間でも大丈夫だ。
 グラブも冬用のを使っているが、長時間バイクに乗っていると、風が当たるせいか指先がとても冷たくなってくる。指先の操作をする必要があるので、バイク用のグラブは冬用といってもあまり分厚くない。指先の冷たさがいちばん身にしみるかな。グリップヒーターが欲しくなる。

 ちなみに、これまで着ていたジャケットは、背中に風を抜くためのファスナー式のスリットが付いていたりして、夏でも着られるように工夫されていた。しかし、今回買った物にはそういう機能はない。春、秋、冬に着ることを想定しているようだ。まあ、それは別に構わない。夏用のジャケットは別に持っているから。