修理完了

画像 調子の悪かったOptimus Pad L-06Cを修理に出して、約2週間。先日、修理から戻ってきた。メーカーの調査では不具合は再現できなかったようだ。まあ、しばらく使っていると再起動するというような不具合は、短時間の試験では再現しない事もよくある。ハンダ不良チェックなども行われたようだが、問題は見つからなかったそうだ。
 ただ、念のためということで、基板とリアケースの交換が行われて帰ってきた。これが良かったのか、修理から帰ってきたものでは、再起動の不具合は全く起こらなくなった。通常の試験では見つからない部分に、何らかの問題があったのだろう。原因は分からなかったが、結果オーライだ。
 セットアップをやり直して、だんだん使える環境になった。今まではPCでやってきたことも、Optimus Padで行うことができる。消費電力の大きいPCを使わなくて済むので、省エネに役立つと思う。それに、デスクトップPCと違って、持ち運んでどこでも使えるのも魅力。バッテリーの持ちも良いので、ケーブルを繋がずに長時間使える。

 Optimus PadはSDカードスロットが無いのがちょっと不便。でもSMBプロトコルを話せるESファイルエクスプローラーというフリーソフトを使うと、PCの共有フォルダにアクセスできるので、PCとのファイルのやりとりは結構簡単。なんならUSBケーブルでPCに繋ぐと、マスストレージとしてアクセスできるので、それでファイルをコピーしてもいいし。
 ちなみに、ESファイルエクスプローラーはFTPも使えるので、サーバーにファイルをアップロードしたりするのも便利に使えそう。ZIPファイルも扱えるし。
 でも、デジタルカメラの画像を、そのままコピーできないのは不便。Eye-Fiのアドホックモードの出番か。

 ACアダプタは、下の写真のようなタイプ。
画像
 コンセントに差し込むプラグの部分が、折りたためない。こういう形状のACアダプタを鞄に入れて運ぶと、いろんなものを傷つけてしまうのだな。気が利かないなあと思っていたが、先っぽが外れるようになっていた。
画像
 これなら、メガネタイプのACケーブルを繋げばいいので、あまり邪魔にならないかも。プラグ部分が折りたためたほうが便利だが、まあ及第点。
 でもこういう部分は、おおむね日本の製品の方が気が利いていると思うのだな。