フィルターの寿命

画像 日に日に寒くなってきた。寝る時は、少し肌寒いくらいの方がよく眠れるので、今日まで肌掛け布団を使っていた。でも、今朝はかなり寒くて、早朝に目が覚めてしまった。そろそろ肌掛けで過ごせる季節は終わりのようだ。今日、合掛け布団を出した。
 寒くなってくると、空気が乾燥する。今朝、窓を開けて換気しながら掃除をしていたら、湿度が20%位まで下がった。加湿器の季節だと思い、しまってあったのを取り出した。適度に加湿しておけば風邪をひきにくい気がする。喉の調子も良くなるし、静電気も抑えられる。
 我が家の加湿器は、気化式のもの。ヒーターを使わないので省エネだ。気化式の場合、水を含ませたフィルターに空気を通すことで加湿する。
 フィルターは去年新しいのを買って、12月から今年の4月くらいにかけて、およそ5ヶ月間使った。その後、加湿器のフィルター乾燥機能で完全に乾かしてから保管しておいた。それがまだ使えるだろうと思っていた。
 ところが今朝、加湿器に水を入れて運転を始めてみたら、かなりひどい臭いがした。ちょっと我慢できないくらいの臭い。しばらく運転をしていれば臭いは消えるかと思ったが、だめだった。加湿器を使い始める前にフィルターの状態はちゃんと確認した。前回使い終わった時と同じ状態だった。カビなども生えていなかったし。
 まあ、加湿器を一冬使うと、フィルターにはミネラルが固着する。鉄分も含まれているので、黄土色になっていた。また、フィルターの常に水に浸かっていた部分は、赤カビの色素でピンク色に染まっていた。使用中は、定期的にちゃんと手入れをしていたが、乾かした状態で数ヶ月間放置することで、そのあたりの何かが悪臭を放つようになってしまったのだろう。
 とても使い物にならないので、新しいフィルターを購入した。Amazonで午前中に注文すれば、当日の夜には商品が届く。加湿器のフィルターのような消耗品は、電気店に行っても取り寄せになることが多いので、通販のほうが早く手に入る。
 新品のフィルターを使ってみたら、当然だが悪臭はしなかった。フィルターの袋には交換時期として18ヶ月間使用後と書かれていた。しかし、一冬使ったら交換するのが本当の目安だろうか。