エアコン周りの整備

画像 節電の夏と言われているが、今年は暑い。例年になく暑いんじゃなかろうか。熱中症で運ばれた人のニュースが連日のように流れているし、熱中症でお亡くなりになる方もいらっしゃるようだ。
 節電は心がけたいけど、エアコン無しでの生活は私には無理。毎日、毎晩エアコンを使っている。もちろん、温度設定は高めにしてある。

 我が家のエアコンは、取り付けてから12年経っている。12年も経てば、あちこちぼろが出る。
 例えば、室内機と室外機を結ぶ配管部分。テープで綺麗に巻かれていたが、そのテープも紫外線や風雨によって劣化し、あちこちで剥がれていた。応急処置的に剥がれ部分にダクトテープを巻いたりしていたのだけれど、ダクトテープの耐候性もよく分からないし、見た目が悪い。

 それと、これはまあ設置当初からなのだけれど、ドレン水がベランダの床にそのまま落ちるようになっていた。ベランダの床をドレン水が流れる。流れた水は、ベランダの床板の隙間から下に落ちる。まあ、これはこれで良いかなって思っていた。というか、ドレン水のことなど長いこと気にもしていなかった。
 我が家は集合住宅の2階。2階のベランダは、1階のひさしにもなる。つい最近、あることに気がついたのだ。2階のベランダに流した水が、1階のひさしの、天井板の任意の隙間部分から漏れ出してくるということに。
 ベランダの水はどこかでちゃんと集められ、樋のような所を流れるものだとばかり思っていた。しかし、実際はそうではなく、上から下へダダ漏れだったのだ。
 1階の人がひさしの下に洗濯物を干している場合、上からドレン水が漏れ出してくるのは都合が悪かろう。長いこと迷惑を掛けていたかもしれない。しかしそれを知ったからには、ドレン水をこのまま放置しておけない。

 実はエアコンの室外機の近くに、ドレン水を流すための口が用意されている。ドレンホースの長さが足りなかったためか、エアコンの設置時に、業者がその口にドレンを繋いでくれなかったのだ。
 ドレンホースを延長すれば、ドレン水の受け口に繋ぐことができる。昨日、その対策を行うべく行動を起こした。

 延長用のドレンホース、ホースを接続するためのコネクタ、ホースを固定する金具、それに配管を綺麗にまき直すためのテープを買いに、片道約3kmの距離にある、新しくできたホームセンターに足を運んだ。
 午前9:30開店ということだったので、9時頃に家を出て、歩いてホームセンターに向かった。まだ朝方だからそんなに暑くないだろうという私の期待は裏切られ、行って、必要なものを購入し、帰ってくる頃には全身汗だくになっていた。
 着替えても、作業をするとまた汗だくになるだろうと考え、そのまま作業に突入。まあ、必要なものが揃っていれば簡単な作業ではある。
 まずはドレンホースを延長する。
画像
 上の写真は、室外機の裏側。写真の中央にドレンホースの接続部分がある。コネクタを使ったのでしっかりと繋ぐことができた。

画像
 上の写真は、室外機の表側。延長したドレンホースを適切な長さに切断して、ドレン水の受け口に接続する。ホースが途中でたわんでいると、ホース内部に水が溜まってしまうので、たわまないように前後で固定した。
 これでもう、ドレン水がベランダの床を流れることはない。

 室内機と室外機を繋ぐ配管も、専用のテープで巻き直して綺麗にした。
画像
 テープ自体は接着性がなく、配管の下から上に向かって一通り巻いた後、巻き始めと巻き終わりの部分だけ接着性のあるテープで固定する。接着性がないことで、作業がやりやすかった。

 ついでもパテも購入した。パテは、壁から配管が飛び出す部分の穴を塞ぎ、防水のために使うもの。古いパテは劣化してひびが入ったりしていたので、補修しておいた。

 ちなみに、我が家のエアコンは12年前のものだけど、その当時としては最も省エネのものを選んだ。設置費込みで15万円くらいしたと思う。今エアコンを買い換えたら、どれくらいの省エネになるのか気になった。
 そんな時に便利なサイトがある。
 省エネ製品買換ナビゲーション「しんきゅうさん」

 各社の製品同士を比べて、新しい製品に買い換えたら、どれくらい省エネになるのかチェックしてくれる。古い製品から最新の製品まで網羅している。
 このサイトで我が家のエアコンをチェックした結果、価格.comの最安値で、10万円程度の最新のエアコンに買い換えれば省エネになることが分かった。それより安いやつだと、最新の機種に変えても、むしろ省エネでなくなる。我が家のエアコンは、けっこうデキるやつだった。
 実際新しいのを購入するとしたら、設置工事とかの面があるので、近くの家電量販店で買うことになると思う。そうすると、やっぱり設置費込みで15万円くらいかかりそう。
 けっこう高価なので、もうしばらく買い換えずに使い続けることにした。