Sotaの雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS FMステレオ化作戦

<<   作成日時 : 2008/12/13 21:39   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像 先日書いたように、FM放送をUSBラジオで聞く試みは、うまくいかなかった。せっかく買ったUSBラジオだが、箱に入れて押し入れにしまってある。
 我が家の主力ラジオであるIC-R8500は、FM放送をステレオで聞く事はできず、モノラルになってしまう。しかし、IC-R8500には10.7MHzのIF出力があるので、ここにステレオマルチプレクサをつなげば、FM放送をステレオで聞く事ができるようになる。そこで、ステレオマルチプレクサを作る事にした。
 最初はディスクリートで組もうと思っていたが、ネットで検索していたら、それ用のICを見つけた。さらに、そのICとその他の部品、それに基板がセットになったキットがあった。キットなら簡単に作れていいと思い、それを買った。
 キットが届いたので内容をチェックしてみたら、抵抗が1本間違っていた。問い合わせをした所、正しいのを送ってくれるとの事だった。
 スイッチやコネクター、ケースなどはキットには含まれていないので、それは別途買わなければならない。間違っていた抵抗も、正しいのが届くまで待ちきれないので、ついでに買ってしまう事にした。
 部品を買うのに秋葉原へ行くのもいいが、一番速い電車の経路だと往復で1080円、ちょっと時間がかかるけれど通勤定期が使える経路で、往復で760円かかる。下手をすると、買う品物よりも交通費の方が高くなる。そんな私にぴったりの店がある。サトー電気という店だ。ちょうど、私の通勤経路の途中駅にあるので、定期を使う事ができる。久しぶりに行ってみたら、店の場所が少し移動していて、店内はきれいになっていた。こういう町の部品屋さんがあると助かる。
 別のものを作ろうと思って以前買ったケースとスイッチが残っていたので、それを使う事にして、コネクターと抵抗を買ってきた。
 キットなので、基板を組むのは簡単だ。部品を乗せて、ハンダ付けすればいい。久しぶりのハンダ付けで、ハンダのにおいが懐かしかった。ただ、ハンダの煙は、健康にはあまり良くないらしいけど。
 ハンダ付けが終わったら、基板をケースに入れずに、まず裸の状態で動作を確認する。特に問題はないようだ。キットなので、部品さえ壊れていなければ、動いて当たり前である。
 動くのが確認できたら、ケースに電気ドリルで穴を開け、大きな穴はリーマで広げて、スイッチやコネクタを取り付ける。配線をして基板を固定すれば完成。写真は上蓋をかぶせていないが、使う時はもちろん上蓋をかぶせる。
 音質は、このてのキットとしては妥当な所だと思う。BGM的に音楽を流しておくぶんには、十分な音質だ。これで、ステレオでFMの音楽を聴けるようになった。
 子供の頃は電子工作が大好きで、いろいろなものを作った。そして、家にあったいろいろなものを壊した。いまは、ハードウエアよりもソフトウエアを作る方が多いけれど、やっぱり電子工作は楽しい。部品を見るとワクワクしてくる。電子部品って、なんであんなにかわいくてきれいなんだろうって思う私は変?
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いいですねぇ〜電子工作。私はキット物しか作ったことは有りませんが、曽田さんは設計もできましたよね?性能はともかく自分で作るのは楽しいですよね。私も物を作るのが好きな方なのでいろいろとやってみたりします。最近はあまり物を作ることはしていませんが、自宅の居間に2by6材で梁の上に登るための階段を作りました。
せんぱい?
2008/12/15 23:26
 楽しいですね、物を作るのって。自分で設計するのでも、キットでも、いろいろ構想しながら進めていくのは楽しいです。物を作るための工具に触れるのも好きですし。
 梁の上に登る階段ですか。普通は登らない所ですよね。なにやら面白いことができそうな気配ですね。
曽田
2008/12/15 23:42
FMステレオ化作戦 Sotaの雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる