Sotaの雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 悪魔がやってきた

<<   作成日時 : 2009/02/13 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像 毎年のように書いているが、今年もまた書かざるを得ない。あの悪魔のことを。
 この季節になると、奴らは大挙してやってくる。我々を苦しめるために。我々は防戦一方だ。奴らと戦うすべはない。じっと我慢して、通り過ぎていくのを待つだけだ。奴らに襲われると多大なるダメージを食らう。そのダメージをやわらげるために、病院へ通い、薬をもらわなければならない。
 奴らは、目には見えない。奴らが生まれるその付近では、目に見える場合もあるという。だが我々の元へやってくる頃には、拡散してしまうため見えることはない。
 空気はこんなに澄んでいるように見えるのに、その中にあの悪魔が大量に潜んでいるのだ。あの悪魔の微粒子が。

Cedar pollen (英語)
El polen de cedro (スペイン語)
Pollen de cèdre (フランス語)
Cedar polline (イタリア語)
Cedar Pollen (ドイツ語)
Γύρη κέδρων (ギリシャ語)
Pólen do cedro (ポルトガル語)
Кедровая пыльца (ロシア語)
Кедър прашец (ブルガリア語)
الارز اللقاح (アラビア語)
ต้นซีดาร์เรณู (タイ語)
Cedar Phấn (ベトナム語)
雪松花粉 (中国語)
삼목 꽃가루 (韓国語)
杉花粉 (日本語)

 悪魔の名前だ。ちなみに、日本語以外の表記が正確かどうかは保証しない。
 今日は風が強かった。そのためか、悪魔がたくさん飛んでいたようだ。私の体が悪魔の攻撃に反応した。鼻水やくしゃみが出るし、目もかゆい。ああ、今年もまたやってきたかっていう気持ちだ。これから4月の終わりまで、悪魔の攻撃に耐えねばならない。
 薬は少し前から飲み始めている。ヨーグルトがいいというのを聞き、毎日ヨーグルトを食べている。その他いろいろ、悪魔をやり過ごし、ダメージを少なくするための対策が必要だ。
 毎年のように書いているが、今年もまた書かざるを得ない。それくらいつらい季節の始まりなのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
大変ですね、わたしは花粉アレルギーになったことはないのでわからないですが昔車のスパイクタイヤが規制されていなかった頃は春になると埃で目が痒くなったりしてました。それのひどい場合かな?曽田さんの場合は杉花粉ですか?杉も品種改良とかで花粉の少ない品種とかも有るそうですね。
せんぱい?
2009/02/17 22:50
 私は杉花粉症です。例年は少しずつ鼻炎の症状が出てきて、だんだん症状が強くなっていくのですが、今年は先週の末にドカンと症状がきました。急に気温が上がったので、それでたくさん花粉が飛んだのだと思います。これから先、さらにひどくなることを思うと気が重いです。
 スパイクタイヤは道路を削りますね。学生時代、春先になると道路脇の雪に削れた道路の黒い粉が混じり、さらに雪が溶けたあとは粉が風で舞っていたのを思い出します。あれも健康に悪そうですね。でも花粉症のほうが期間が長いのでつらいです。
 山の木々が品種改良された杉に置き換わってくれるといいんですけど、それにはまず、今の杉を建築などで使わないといけないですね。でも輸入材のほうが多く使われているんでしょうか。私の実家は木造建築ですが、輸入材を使っていたと思います。
曽田
2009/02/17 23:27
悪魔がやってきた Sotaの雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる