Sotaの雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS ガラガラガラ、ピシャン

<<   作成日時 : 2009/03/21 21:48   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像 毎日、朝と夕方、近所のあちこちから聞こえてくる音がある。「ガラガラガラ、ピシャン」という賑やかな音。
 近所のお宅が雨戸を開け閉めする音だ。このあたりの住宅には、必ずと言っていいほど雨戸が付いている。その多くは、上下に開け閉めする金属製のシャッター式のもの。開けた時にコンパクトに収まるので人気があるのかもしれない。私が住んでいる部屋にも付いている。
 みなさん、それが当たり前のように、毎晩全ての雨戸を閉め、そして翌朝、閉めた雨戸を開けていらっしゃる。
 私は基本的に雨戸を閉めない。私が育った地域では、雨戸を毎日開け閉めする習慣がなかった。というか、そもそも雨戸が付いていなかった。こういうのって、地域性があるのかもしれない。私が育った地域では、ほとんどの家に雨戸は付いていなかったんじゃないかと思う。昔からそうだったので、今でも雨戸を閉めたりしない。まあ、例外的に、台風が来て強風が吹き荒れるような時には、雨戸を閉めることもあるのだが。
 しかし、ここらの人たちは皆さん、毎日雨戸を開け閉めしていらっしゃる。私の感覚では、雨戸なんか閉めなくてもいいのにって思うのだけれど。まあ、それは、その人たちのすること。私が何か言う筋合いではない。
 防犯的な意味合いで、毎晩閉めていらっしゃるのかな。ガラス窓を破る程度ならあまり音を立てずにできるが、雨戸を開けたり破ったりすると派手な音がするので、泥棒も避けてくれるだろうとは思う。
 雨戸の写真を撮ろうとして久しぶりに雨戸を閉めたら、ものすごく埃がたまって汚れていた。あまり埃が付いていない部分を、ちょっとだけ雑巾で拭いてから写真に撮った。汚れの酷いところをどうするかちょっと考えたが、どうせ閉める事なんてほとんどないんだしと思い、見なかったことにして、再び開けておいた。この雨戸が次に閉まる時、それはいつになるだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こちらでは雨戸のある家を見かけないですが、実家の方では古い家では結構付いていました。自分の実家にも増築した部分以外の窓には木製の雨戸が付いていました。冬には雨戸を閉めると結構熱が逃げないので暖かかったです。でも雨戸を閉めると朝になって室内に光が入らないので朝になったことがわかりにくくて寝坊しそうです。最近の雨戸だと光を取り入れる部分とか有るのかな?雨戸って台風の時や防犯には役に立ちそうですね。
せんぱい?
2009/03/22 00:28
 古い家には木製の雨戸が付いていることが多いようですね。ここ関東ではほとんどの家に雨戸が付いているようです。防犯的な意味合いが強いのかもしれないですね。でも、大阪あたりだと雨戸が付いていないらしくて、都市部なら付いているというわけでもないようです。
 北国や豪雪地帯は雨戸をつけないみたいですね。雪で埋まったり、凍ったりして開かなくなるのを防ぐためでしょうか。
曽田
2009/03/22 14:07
私も雨戸閉めたことがありません。というか雨戸が付いておりませんマンションの14階なので、換気のために、冬でも、ベランダ側のガラス戸をすこしあけて寝たりします。14階までよじ登ってくるドロボーはいないと思いますがー。どーでしょーか?
やまんば
2009/03/24 12:19
 14階ぐらいだと、台風でもその高さまで物が飛んでくることはないと思いますし、下からよじ登ってくる者もいないでしょうね。ただ、もしも最上階の場合は、屋上からベランダに降り、そこから侵入される場合があるという話を聞いたことがあります。最上階は一番いい環境のはずですが、そんな心配もあるようです。
曽田
2009/03/24 21:47
ガラガラガラ、ピシャン Sotaの雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる