Sotaの雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 水位計の汚れ

<<   作成日時 : 2009/08/23 18:34   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像 少し前から気になっていた。電気ポットの水位計の汚れが。
 電気ポットをいつ頃から使い始めたかはっきりと憶えていないが、そんなに昔じゃない。以前はお湯が必要な時に、その都度ガスでお湯を沸かしていた。電気ポットが欲しいと思ったのは、たぶん一昨年の冬、休職を始めた頃だと思う。
 私はコーヒーや紅茶、緑茶などをよく飲む。ひっきりなしに何かしら飲んでいると言ってもいいくらいに飲む。休職をしていた頃は一日中家にいるので、コーヒーなどを飲むためにいちいちお湯を沸かすのが面倒だと思い、それで電気ポットを買ったんだと思う。だから、使い始めてから1年半ちょっとという所か。
 うちの電気ポットは2.2リットルのもの。一人暮らしなので、それぐらいあれば十分だ。電気ポットなんて、機能的にはどのメーカーのものも同じようなものだが、私が使っているやつはカフェドリップ給湯という、少しずつお湯を注ぐモードが付いているので、ペーパーフィルターでコーヒーを淹れる時に便利だ。
 その電気ポットの水位計に汚れがつき始めた。休職していた頃はたくさんお湯を沸かしていたが、仕事に復帰してからは、会社から帰ってから使う量だけあればいいので、半分くらいだけお湯を沸かしていた。そうすると、水位計の上半分はお湯に浸からない状態が続く。お湯に浸かる部分は汚れが洗い流されるが、浸からない部分は洗い流されないので、汚れがたまってきたんだと思う。
 この汚れはいったい何だろう。カビだったらちょっと嫌だなあ。水の中のミネラル分が固まって付着しているだけなら、健康に問題はなさそうなんだけど。
 汚れが気になったので、クエン酸での洗浄をおこなってみた。2回やってみた。が、少し汚れが落ちたものの、あまりきれいにならなかった。写真は、クエン酸での洗浄を2回行った後の状態。クエン酸によって汚れが酸化したためか、汚れの色が濃くなって、かえって目立つような感じもする。
 ちなみに、水位計の部分は汚れているけれど、ポット内部、つまりお湯をためておく部分はきれいだ。毎晩寝る前に、お湯を全て捨ててプラグを抜いておき、次の日、新たに沸かすようにしている。その甲斐あってか、ポット内部には湯垢等もほとんど付かずに、きれいなままだ。わずかに付いていた白っぽい湯垢も、クエン酸洗浄で、さらにきれいになった。
 水位計の汚れは、クエン酸を入れて、少し長めの時間放置しておけばきれいになるかなあ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私の職場も同じようなポットを使用してますが、こちらは水が非常にミネラル分が多くて、一日ポットにお湯を入れておくと内側にいっぱい白い粉状の物が付いてます。毎朝こすって落としてから水を入れてますが、私がお休みの時は誰もしていないようで休み明けは大変です。水位計の汚れは何でしょうね?水だけでなく空気も出入りしているはずなのでちょっと心配・・・。まあ熱湯で消毒はされるでしょうけど。メーカーさんも考えているでしょうから大丈夫なのでしょうが設計の時は掃除をどのように考えているのでしょうね?
せんぱい?
2009/08/28 21:19
 ポット内部に付く汚れとしては、ポットの底のほうに付く白い汚れと、喫水面に付く赤茶けた汚れがあるんだそうです。うちのポットの水位計の汚れは、後者だと思います。じっくり見てみましたが、カビのような感じではないので、たぶん健康には問題ないと思います。ただ、汚れているので水位が見辛いですが。
 ブラシか何かでごしごしこすって綺麗にしたいんですけど、水位計の部分が掃除できるような構造ではないので、諦めるしかないのかもしれません。
 神奈川の水もかなりの硬水のようで、ちょっと気を抜くとすぐ水垢が付いてしまいます。硬水か軟水かだけでなく、どのミネラル分が多いかによって、汚れの付き具合に違いが出るのかもしれませんね。
曽田
2009/08/28 23:07
水位計の汚れ Sotaの雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる