Sotaの雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 剥離

<<   作成日時 : 2011/02/24 23:01   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像 視力の悪い私には、メガネが欠かせない。朝起きたらメガネをかけ、夜寝る時に外す。その間、顔を洗う時と風呂に入る時以外は、ずっと、かけっぱなしだ。
 視力の矯正という点では、コンタクトレンズという選択肢もある。だけど、ずっとメガネを愛用していて、もう顔の一部という感じになっているので、いまさらコンタクトレンズをという気にもならない。
 今のメガネは、昨年の3月に作った物。まだ1年経っていない。しかし、だいぶ前からフレームの塗装の一部がはがれてきた。
 眼鏡のツルの部分、耳の前、もみあげの上のあたり、ここはメガネをかけている間ずっと髪に触れている部分だが、その部分の塗装がペリペリとはがれる。
 もともと塗装が弱かったのかな。髪に触れている事で塗装に傷が付き、隙間から髪の油脂分が滲入。接着力の弱い塗装が浮いてしまって、結果、はがれたのだと思う。
 このメガネは、フレームとレンズ込みでいくらという感じで売られている、安価な物。安い物は安い物なりなのかな、なんて思ったり。もちろん、たまたま私が選んだ物がそういう物だったのだけかもしれないし、値段だけで判断できるわけではないと思うのだけれど、1年も待たずに塗装がはがれるなんて早すぎる。
 以前使っていたメガネは、そのメガネはフレームだけでも、いま使っている物より値段が高かったのだけど、だいぶ長い間使ったけど、塗装がはがれるなんて事はなかった。
 下地処理をきちんとして、適切な塗料で塗装すれば、そんなに簡単にはがれたりすることはないと思うのだ。安いメガネは、そこまでの手間をかけられないのかもしれない。
 安物買いの銭失いと言う言葉もあるけれど、こういうことがあると、少し値段が張っても良い物をって考えちゃうね。値段で全てが計れるわけじゃないとは思うんだけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私も中学以降ずっとメガネ人生です。
10代〜20代は素顔の人が羨ましく、時にはメガネを掛けずに無理したり、またはコンタクトを着用していましたが、目が疲れるしレンズの管理も大変なので今はメガネと共に歩む人生を受け入れて暮らしておりますぅ。
レーシックもちょこっと考えたことがありましたが、やはり自分の目を弄って取り返しの付かない問題が発生したら恐いので、メガネと生涯を共にしようと思いますぅ...
泰之助
2011/02/25 00:16
 若い頃、メガネをかけ始めた頃は、なんだか気恥ずかしい感じもあったんですけど、それが当たり前になってしまうと、普段はメガネのことなど気にならなくなりました。
 コンタクトレンズは、洗浄やらなにやらで、結構面倒だという印象を持っています。私は使ったことがないのですけど。私はメガネの方が安心できます。
 視力回復の手術的なものは、私も少し怖いと思いますね。どうしても手術が必要という人もいるのかもしれませんが、メガネをかけてそれで済むのなら、そのほうがいいと思ってます。
 私は近頃、歳をとるにつれて視力が少しずつ悪くなっているのが、ちょっと気になっているところです。
曽田
2011/02/25 00:33
私も安価な近眼用のメガネとちょっと高めの遠近両用を併用していますが、フレームなんかの作りはやっぱり違いますね。まあ、安価な方も値段相応ではあるので満足していますが。でも塗装の剥離とかはちょっと困りますね。
せんぱい?
2011/02/26 01:27
 安いフレームもぱっと見は綺麗なのですが、耐久性という点では劣るんでしょうね。でも、眼鏡屋でそれを見分けるのは難しそうです。
 まあ、今回はがれた部分は、メガネをかけている間は他人からも見えない部分なので、このまま使い続けようと思っていますが。
 ちなみに、いま使っている塗装のはがれたメガネフレームはMade in China。以前使っていた、塗装のはがれなかったやつはMade in Japanでした。日本製のがいいのかも。
曽田
2011/02/26 02:04
剥離 Sotaの雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる