Sotaの雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 鼻セン

<<   作成日時 : 2011/04/18 22:17   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像 4月も中旬。春も半分を過ぎて、暑いと思うような日もあるこの頃。しかしまだ、花粉の猛威は終わっていない。スギ花粉は終盤となったが、いまはヒノキ花粉が最盛期のようだ。
 スギ花粉症の多くの人は、ヒノキの花粉でも、花粉症の症状が出るという。私もその一人だ。もうしばらくマスクが欠かせない。
 先日の土日、今年初めてのバイク部ツーリングに行ってきた。場所は、山梨県の河口湖周辺。毎年、4月の最初のツーリングは走ることよりも、バーベキューをして、お酒を飲んでという、まあ宴会がメインのようなものだ。ツーリングのタイトルからして「肉ツー」だから。
 でも、この季節のツーリングで悩ましいのは、前述したように花粉が飛んでいること。スギやヒノキのある山から離れた横浜でも、まだ花粉は終息していない。ましてや、山の方へツーリングに行くなら、それなりに準備をしていかなきゃいけない。
 以前、バイクに乗る時用のマスクを買った。(その時の記事)今年もそれを使おうと思っていたのだが、ちょっと具合が悪かった。以前買ったマスクは立体タイプで、口元のところが山のように盛り上がっている。昔被っていた、ジェットタイプのヘルメットでは問題なかった。でも、いま被っているフルフェイスのヘルメットだと、マスクの盛り上がっている部分が、ヘルメットのチンガードにぶつかってしまうのだ。マスクがずれてしまい、気密性も悪くなる。
 そこで、今年は別のマスクを使うことにした。それが、鼻センタイプのマスク。商品名はPit Stopper。2つの小さなフィルター部分を、鼻の中に差し込んで使う。ちなみに、商品には、マスクとはひと言も書かれていない。鼻センと書かれている。だが、効能に花粉対策とあるので、マスク相当の効果はあるんじゃないかと考えた。なお、1日1個の使い切りタイプだ。
 マスクとしての性能はどうなのかとか、鼻の中に入れて、かえってむず痒くならないのかなど、初めて使う商品だったので不安だったが、購入がツーリングに間に合ったので使ってみた。予想として、たぶん鼻毛が伸びているとむず痒くなるだろうと思い、あらかじめ鼻毛を短く切っておいた。
 この商品は、フィルター部分を水で湿らせてから使う。水で湿らせることでフィルターが広がるようになっている。フィルター部分を水で湿らせ、鼻に差し込んだ。
 最初に感じたのは、少し息苦しいということ。息苦しいと感じるということは、空気が漏れずに、ちゃんとフィルターを通っているということではあるが、口で呼吸してしまいそうになるくらいの息苦しさだ。しばらくすると慣れたが、やはり少し酸欠気味なのか、微妙に頭痛がしてくる。しかし、頭痛はそんなにひどくはならなかった。
 2日間、この鼻センを着けて過ごした。結果はかなり上々。土日のツーリング中に、花粉症の症状がひどくなることはなかった。花粉を沢山吸い込むと、数時間から1日くらい遅れて症状が出る。今日月曜は若干症状がひどくなったけど、それもわずかな程度。おそらくマスクをしていなかったら、何倍もひどくなっていただろう。
 鼻センなので、普通のマスクのようにメガネが曇ることもないし、ヘルメットを被ってもずれることはないし、鼻セン本体は鼻の中に隠れていて(たぶん)目立たないし、むず痒くなることもなかったし、結構優れものだ。
 普段の日常生活では、安い普通のマスクを使うとして、この鼻センは4月ツーリングの定番アイテムとなりそうだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして、ぴーちと申します。以前の記事も読ませていただいております。記事過去にもたくさんUPされているのですね。まだまだ全部読めていないのですが、楽しく読んでおります。更新も楽しみにしております。
ぴーち
2011/04/22 22:24
 はじめまして。ぴーちさんは頻繁に更新されているのですね。私は何かイベントがあった時とか、そういう時に更新しています。あまりマメな方ではないので、更新頻度に波があります。私のブログは雑文ではありますが、楽しんでいってください。
曽田
2011/04/22 23:08
フルフェイスのヘルメットだとマスクが出来ないので良いのが見つかりましたね。マスクよりはしっかり花粉を予防できそう。でもマスクに比べると息が苦しそうですね。バイクに乗って酸欠気味になると大変なことになりそうなので気をつけてくださいね。私も先週から自転車通勤を始めました。冬の間は乗っていなかったのでおっかなびっくり+筋肉痛です。
せんぱい?
2011/04/23 19:59
 以前のマスクが、フルフェイスで使えないとは思いませんでした。意外な盲点です。鼻センタイプは、前から知っていましたが、なんだかむず痒くなりそうな気がして、敬遠していました。でも実際に使ってみると、案外使いやすいものでした。酸欠気味になるのは、確かに気になるところですが、そんなにひどくはないので、ぎりぎりの線だと思います。
 そちらは道路の雪は溶けても、路肩や雪を集めた広場などには、まだ雪が残っている季節ですよね。まだ寒いと思いますので、体に無理がかからないようにお気を付けください。
曽田
2011/04/23 20:47
鼻セン Sotaの雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる