Sotaの雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 日々草とミムラス

<<   作成日時 : 2011/06/04 19:26   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像 5月下旬まで咲いていた、我が家のプリムラ・マラコイデス。先日、最後の花が終わるのを見届けた。5ヶ月以上花を楽しませてくれてありがとう。でも、寒い季節の花なので、もうおしまい。
 今度は何にしようと花屋を見て回り、日々草とミムラスの2株を買ってきた。
 日々草は夏の花の定番らしい。一つの花の寿命は短いが、次々と花を付け、10月くらいまで花が咲くそうだ。乾燥にも強くて、育てやすい花のようだ。
 ミムラスというのは、今日初めて聞いた名前の花。以前育てたトレニアに、ちょっと似た感じの花が咲く。こちらも一つの花の寿命は短いが、次々と花が咲くらしい。ただ、暑さに弱いらしく、夏を超えるのが難しいとのこと。梅雨が終わるくらいまでが花の期間のようだ。いまから梅雨が終わるまでだと、あまり期間が長くない。半日陰で育てると、長持ちするそうだ。鉢の置き場所に気をつけねば。
画像
 2009年の10月に最初の花を買って以来、我が家では花を育てるのが普通になった。そんなに手間はかからないし、気持ちは和むし、結構いいものだ。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
花って、見ていると心が和みますね(#^.^#)黄色い花 赤いいたずら書きのような模様がかわいくって、おもしろい柄ですね。ベランダでブルーベリーを育てています。春は白いスズランのような花 夏は緑の葉、そして実 秋は紅葉 冬は落葉樹 四季折々に姿をかえる こんな植物ですが、お得感満載(?)です
ぴーち
2011/06/04 23:13
 はい、たった2鉢ですが、有るのと無いのとでは大違いです。部屋の感じも、がらりと変わりますね。
 黄色い花は、まさにいたずら書きのような模様が気に入って買いました。面白いアクセントになってます。
 ブルーベリーなどは実がなったら、それを味わうこともできるんですよね。いつか、食べることもできる植物にも挑戦しようと思っているのですが、鳥とか虫とかを警戒しないといけなさそうで、ちょっとハードルが高そうに感じてます。まあ、小鳥が来てくれるのなら、それはそれで楽しいのかもしれませんが。
 ハーブなどは私の実家でも育ててますが、こちらはそんなに手間もかからないようで、案外簡単にできそうなので、今度育ててみたいと思っています。
曽田
2011/06/04 23:39
 たびたび、お邪魔します。え〜〜と、ハーブ(ミント)は、とても強く、手のかからない植物です。水あげるだけでOKです(#^.^#)スパゲティ・ハンバーグにそえたりしましたよ。
 あとお勧めは、シソです。シソの葉は冷奴、そうめん等に幅広く使えますよ。 夏はそうめんが おいしいですよね〜(*^。^*) 
ぴーち
2011/06/05 00:27
 シソはいいですね。私も素麺にシソを入れて食べるのが好きです。素麺はゆで時間も短くて手軽ですし、美味しいですね。
 その他のハーブは、どう料理に使うのかが、今一つ分かってません。前に実家で、名前を忘れてしまったのですが育てていたハーブを、肉を焼いた時に香り付けに使いました。香りの野菜が入ると、料理がぐっといい感じになりますね。私は香りの強いものは好きなので、ハーブとは相性いいかもしれません。
曽田
2011/06/05 00:37
日々草とミムラス Sotaの雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる