Sotaの雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS カーボンヒーター

<<   作成日時 : 2011/11/12 11:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像 今住んでいるココに引っ越してから、ずっと暖房はエアコン一つでまかなってきた。エアコンは十分に暖かいし、部屋全体を温める用途では、他の電気式暖房器具よりもエネルギー効率が高い。寒さの厳しい北国では物足りないかもしれないが、ここ横浜では十分なものだ。
 とはいえ、エアコンの風が肌寒く感じることがあるのも事実。また、部屋全体を温めるものなので、短時間、部屋の一角だけでいいから温まりたいというのにも向かない。さらに、風を出す機械なので、強めの運転の時は結構うるさかったりもする。全く不満がないというわけでもないのだ。
 そこで、今年の冬からカーボンヒーターを併用してみることにした。

 節電が叫ばれている折、今年は電気よりも石油、あるいはガスを使った暖房器具が好まれているようだが、私が住んでいる住宅は、石油やガスなど炎を使った暖房器具は使用禁止なのだ。入居する時に、そのように説明を受けた記憶がある。そこで、カーボンヒーター。
 カーボンヒーターは風を出さずに、熱を直接受けられるのが良い。部屋全体を温めるのは無理にしても、カーボンヒーターの前方にいると、かなり暖かい。また、スイッチを入れた直後から暖かいのも魅力だ。
 私の場合、特に朝方、カーボンヒーターが活躍してくれるものと期待している。朝食は会社に行ってからサンドイッチなどを食べているので、朝起きた後は身支度をして、会社に向かうだけだ。しかし、その短い時間でも、真冬の朝の寒さは辛い。
 去年まではエアコンのタイマーをセットしておき、起きる30分前から部屋を暖めるようにしていた。しかし、朝は部屋全体を温める必要はないし、起きてからの短い時間のためだけに30分余計にエアコンを点けておくのも無駄な気がした。かといって、起きてからエアコンのスイッチを入れたのでは間に合わない。
 その点、カーボンヒーターはすぐに暖かくなるので、起きてからスイッチを入れれば済む。着替えをしたりとか、ちょっとした時間だけ使えば済むので、たぶん電気代の節約にもなるだろう。
 もちろん、朝以外でも、ちょっと肌寒い時などに使えそうだ。風を出さないので静かだし、ポカポカと暖かい。

 カーボンヒーターやハロゲンヒーターは様々なメーカーから出ていて、値段も様々だ。しかし、時々リコールが発表されることもあるし、あまり名の知れないメーカーのものはちょっと敬遠したい。というわけで、少し高いけどコロナ社のものを購入した。
 コロナのDH-C911。安心の日本製。温度調節は350Wから900Wまでの10段階切り替え。正直私の場合900Wもの出力は必要ないと思うが、調節が小刻みにできるし、強めにしたい時もあるかもしれないので、幅広く使えそうだ。首振り機能とか、切りタイマーなども備えている。もちろん、転倒オフスイッチとか、過熱防止機能などの安全装備もある。
 エアコンとも、石油ストーブとも、ファンヒーターとも違う、このじわーっと熱が伝わってくる感じのハロゲンヒーター。まだ少し使っただけだけど、何とも言えない良さがある。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

カーボンヒーター Sotaの雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる