Sotaの雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS IE 80

<<   作成日時 : 2012/03/18 23:41   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像 先日ウォークマンを購入した。一部のクラシックを除く、手持ちの音楽のほとんど全てをウォークマンに入れてから、音楽を聴く時はウォークマンを使っている。
 以前は、外出時は携帯電話+Bluetooth、自宅ではタブレット端末、もしくはPCで音楽を聴いていたのだけれど、それが一つで済むようになった。
 ウォークマンはかなり音が良い。携帯電話+Bluetoothはもとより、タブレット端末よりも音が良いし、我が家のPCよりも音が良いように思う。少し低音が厚めのチューニングのように思うが、それ以外、変な癖も無く、繊細で音の伸びも良く、ウォークマンはとても気に入っている。
 しかし、付属のイヤホンは別。ノイズキャンセリングという魅力的な機構がついているが、音は今一つな印象を受けるし、なにより私の耳に合わなくて、すぐに耳から外れてしまう。どう工夫しても、私の耳には合わなかった。
 結局、それまで使っていたaudio-technicaのATH-CKM55を、引き続き使って聴いていた。CKM55は値段の割に良い音を鳴らすので気に入っていたのだが、プレイヤーがウォークマンになり、送り出し側の音が良くなると、CKM55の良くない点が目立つようになってしまった。良くない点というか、実力の限界というか。今まで気にならなかった部分が気になってくる。
 自宅ではSENNHEISERのHD 580というヘッドホンも使っているが、これはとても良い音を聴かせてくれる。繊細でダイナミック。とても気持ちが良い。しかしHD 580はオーバーヘッドタイプのオープンエアー型なので、外出時に使うのには全然向いていない。それに、自宅で音楽を聴く時でも、何か作業をしながら聴く時は、カナル型イヤホンの方が使い勝手がいい。
 そこでCKM55を使うわけだが、同じ曲をHD 580で聴いて、どんな音か知っているので、余計にあらが気になってしまう。「ここは、こうじゃないんだけどなあ」って。

 そこで16日の金曜日、いいイヤホンがあったら買おうと思い、会社帰りにビックカメラへ寄った。
 ビックカメラではイヤホンを試聴できる。安いイヤホンは常時試聴可能な状態になっているので、一通り聴いてみた。しかし、機種によって音の傾向の違いはあるが、買い換えて満足できるかといえば、ちょっと疑問符がつくものばかりだった。
 ショーケースの中にもイヤホンが展示してあったので、そちらも見た。その中にSENNHEISERのIE 60と、IE 80があり、IE 60の方には『試聴できます』と書かれていた。IE 60と80は音が良いとの評判を聞いていたので、店員を呼んでIE 60を試聴してみることにした。
 店員を呼んでの試聴など初めてだったので、店員がイヤホンをショーケースから取り出してくれたあと、少し戸惑う。どこに繋げばいいの?って。店員がウォークマンのコーナーへ行って、そこに展示してあったウォークマンを使わせてくれた。
 そのウォークマンに入っていたのは、初めて聴く曲だったのだが、明らかにIE 60の音が良いのが分かる。しかし、曲自体がかなりのドンシャリで、音の傾向がわかりにくかった。「自分のウォークマンに繋いでいいですか?」って聞いたら、「もちろんです」と答えてくれたので、自分のウォークマンに繋いで、いつも聴いている音楽を流してみた。

 ああ、もう、CKM55とは全然違う。そう感じた。ビックカメラみたいなガヤガヤした所でも、違いが明確に分かる。フラットで繊細だけど弱々しくなくて、むしろダイナミック。低音から高音までちゃんと伸びて、とても綺麗な音だ。
 いいなあ、IE 60。こうなってくると、IE 80も気になってくる。試しに、「IE 80のほうは試聴できますか?」と聞いてみた。IE 80のほうには試聴できると書かれていなかったけれど、店員がIE 80を出してくれたので、お礼を言って、IE 80を聴いてみる。
 IE 60と比べると、IE 80のほうが上品な印象を受けた。そして、音域も音場も、IE 80の方が広く感じた。短い試聴時間だったけど、やはりIE 80は上位のクラスだけはあると感じた。まあ、ひいき目かもしれないが。
 試聴の間、店員がつきっきりだったので、あまり長々と試聴をするのも悪いと思い、イヤホンを返した。
 で、5秒ほど考えて、IE 80をくださいと言った。どうせ買うなら、いいのにしようと思った。IE 60と値段が倍違うので、少しだけ迷ったけれど。

 ビックカメラからの帰り道、こういうのって道楽だなあって思った。でもたまには道楽っぽいこともしないと、人生つまらないよね。

 で、このIE 80を使いこなすのに手こずったのだけど、まだ完全に使いこなせていないし、長くなったので、その話はまた別の機会に。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
道楽
子供時代欲しいものが手に入った時のわくわく感。
青年時代少し大人びた事をしたドキドキ感。
社会へ巣立った頃サラリーをつぎ込んだ趣味。
約半世紀生きて来た今、頑張って来たご褒美の道楽。
曽田さんも頑張って来た今ですか?
でもまだ道楽の入り口ですネ。
幸田屋
2012/03/22 22:35
 道楽におぼれるようでは困りますが、道楽を全然知らないのも、また駄目な気がします。ちょうどいい具合に、道楽と付き合っていくのがいいですね。
 他人の芝生は青く見えると言いますが、私の周りの人たちは、皆うまく道楽と付き合っているように思えます。それに比べると、私はまだまだな気がします。
 一つの道楽を極めるようなタイプでは無いのですが、人生を豊にできるような、いい感じの道楽をしていきたいものです。
曽田
2012/03/22 23:14
IE 80 Sotaの雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる