デジカメ

画像 外出する時、よくデジカメを持って出かける。何か面白いネタが見つかったり、綺麗な風景を目にしたり、そういう時に写真に残したいからだ。
 携帯電話にもカメラ機能がついていて、それなりに使えなくもないが、でもやっぱり電話に付いているおまけの機能。思い通りに撮れなくてストレスがたまったり、結局撮るのを諦めたりすることもある。カメラ機能に力を入れた携帯電話もあるが、私のはそうではないし、やっぱり写真を撮るのが本職のデジカメには劣る。だから携帯電話とは別に、デジカメを持ち歩く。
 普段持ち歩いていたのは、PENTAXのOptio S4iというコンパクトデジカメ。とても小さいので、ポケットに滑り込ませて気軽に持ち出せる。一眼レフも持っているが、こちらは写真を撮ることを目的に出かける時に使う。大きいので、ポケットに滑り込ませてという訳にはいかない。何かしらの鞄に入れて持ち運ぶことになる。もっとも、写真撮影のしやすさで言えば、コンパクトデジカメより一眼レフのほうが遙かに良い。思い通りの写真を撮るという事に関しては、一眼レフが一番。でも、普段は持ち運びやすさが優先だ。
 S4iは約5年前に購入したもので、まだ十分に使える。ただ、不安な点や、物足りないところもある。まず、繰り出し式のレンズが出入りする時に、ギギギギという嫌な音が出るようになった。いかにも金属同士が擦れ合っていますっていう感じの音だ。気温が下がると、音がよりひどくなる。いつか動かなくなるんじゃないかと不安になる。スペック的には4メガピクセルで、ズームは35mm換算で35mm~105mmの光学3倍。もう少しズームの倍率が欲しいし、広角側がもう少し広いといい。あと、最高感度がISO 400なので、暗いところでの撮影が苦手だ。手ぶれ補正も付いていないし。暗いところでは、手ぶれ写真を量産しがちだ。
 そこで、新しいデジカメが欲しくなった。ウエブで各社のデジカメを比較検討したり、ユーザーの口コミ情報を見たりしながら、でもまだS4iも使えるしなどと迷っていた。こういう時間はけっこう楽しい。でもまあ定額給付金も出たし(いつの話だ)、新しいのを買うことにした。
 選んだのはPanasonicのLUMIX ZX1。この夏に出たばかりの新製品だ。同じLUMIXシリーズのFX60と、どちらにするかで迷った。薄さではFX60だが、機能的にはZX1のほうがいい。デジカメをポケットに入れて持ち歩くことが多いので、お店に並べてあるFX60とZX1のコールドモックを、実際にポケットに入れてみて、感じを確かめた。わずかにZX1のほうが厚いが、そんなに気になるほどではなかったので、ZX1のほうを選んだ。
 ZX1は35mm換算で25mm~200mmの光学8倍ズームだ。広角側が25mmなのがいいし、望遠側も十分すぎるほどだ。最高感度もISO 6400まであるし、手ぶれ補正機能も性能が向上したものが搭載されている。遅いことで有名だったオートフォーカスの速度も改善された。あまり使わないと思うけど、動画撮影時にも光学ズームが使えるところもいい。
 ここ数日、ZX1をポケットに入れて出かけている。まだ使いこなせてないので迷うことも多いけど、やっぱり新しいものを手にすると楽しいな。