豆苗

画像 いろいろな野菜に挑戦したいと思い、豆苗というのを買ってみた。エンドウ豆の新芽らしい。炒め物やスープで食べろと書いてあった。炒め物なら私にもできる。
 豆苗は袋にパックして売られていた。袋には、この線で庖丁を入れろと指示がある。根っこの部分と芽の部分を切り分けろという指示のようだ。指示通りの位置で切り分けた。たしかに、根っこ、というか豆の部分と芽の部分にある程度分かれたが、芽の部分にも豆がたくさん残っている。この豆は食べていいのか、それとも取り除くべきなのか。
画像
 豆だから食べられるとは思うが、普通はどうするものなのかが分からなかったので、料理を一時中断。ネットで調べた。『豆苗の豆の部分』で検索したところ、普通は豆の部分は食べないようだ。硬くて美味しくないという記事も見つけた。たしかに、炒めたぐらいでは火が通らないかもしれない。面倒だが、豆の部分は1つずつ切り取ることにした。
 ちなみに、この豆の部分を水につけておくと、再び芽が出てくるという。水だけで2~3回収穫できると書いてあったが、かなり豆臭いので、袋に入れて捨てた。
 豆苗の芽の部分が、少しネトネトしている。何となく気になったので、ネトネトを水でよく洗った。
 今日は、豆苗、玉葱、人参、豚肉で炒め物を作った。
画像
 少し塩、胡椒が多すぎた。初めての食材を使うと、どんな味になるかよく分からないので、塩、胡椒が多くなりがちな私。少ししょっぱかったが、豆苗は美味しかった。また一つ新たな野菜を憶えた。ただ、少し豆臭いのが玉にきずだな。
 今度は空心菜に挑戦してみよう。