ヘルメットを買い換える

画像 バイクに乗るのにヘルメットは必須だ。
 昔、私が学生だった頃、最初に買ったバイクは50ccの原付だった。店で買ったものではなく、他の学生さんから直接買ったものだ。ヤマハのRX-50。その頃、原付1種(50cc以下)はヘルメットなしで乗ることができたので、最初はヘルメットを被らずにいた。原付1種のヘルメット着用義務付けは、wikipediaによると1986年だそうだ。
 しかし、着用義務化になる前に、ヘルメットを買った。最初に買うヘルメットで、どういうのが良いのか全然分からなかったので、とりあえずジェットタイプの安いのを買った。その頃、被った時にきつい感じなのはいやだったので、少し緩めのを買った。しかし値段の安さが災いしてか、内装があっというまにへたり、もともと緩めだったヘルメットはすぐにぶかぶかになってしまった。
 学生時代、そのぶかぶかのやつをそのまま被っていたんだったかな? それとも新しいのに買い換えたか。四半世紀も昔の話しなので、もう忘れてしまった。
 RX-50の頃はジェットタイプを被っていたが、ホンダBROSに乗り換えた時に、フルフェイスのタイプにした。BROSのあとしばらくバイクに乗らない期間があって、その後カワサキKSR-IIを買った時、再びジェットタイプのヘルメットを買った。その後、バイクがヤマハBRONCO、ホンダCB400SSと変わったが、ずっとジェットタイプのヘルメットを被っていた。

 一番最初に買ったやつはどこのメーカーか分からないが、その後は長いことSHOEIのヘルメットを被っていた。しかしいつも悩みがあった。それは、ヘルメットを長い時間被っていると、頭の左右のあたりが痛くなってきてしまうのだ。たぶん、部分的に強く押される所があり、時間が経つにつれてその部分が痛くなるのだろう。SHOEIのヘルメットを被っていた時、ずっとそれに悩まされていた。
 あるとき、これもいつか憶えていないが、ヘルメットを買い換える時に、初めてAraiのヘルメットを買ってみた。そうしたら、それが私の頭に良くフィットしたようで、頭の痛みから解放された。それ以来、Araiのヘルメットを被っている。それ以来と言っても、Araiのヘルメットにしてから、せいぜい2個ぐらいしか買っていないのだけれど。
 これまで使っていたヘルメットは、だいぶ前のものだ。2004年頃に買ったはずなので、もう5年以上が経過している。2005年夏の九州ツーリングにも被っていった。うっかり地面に落っことすことも何度かあった。2006年に転んで骨折した時にも被っていたが、その時は帽体には衝撃はなく、主にシールドが傷ついた。ジェットタイプなので、私のあごも傷が付いた。まあ、少しひどい擦り傷程度だったが。もしフルフェイスだったら、あごの怪我は無かっただろう。

 そんなヘルメットもそろそろ交換時期だった。ちなみに、メーカーは寿命を3年に設定しているようだ。まあ、それでなくてもだいぶ傷が付いているし、内装の皮の部分も破れてきた。
 そこで今日バイク屋に行って、新しいヘルメットを買ってきたのだ。AraiのPROFILE。フルフェイスのタイプだ。本当はPROFILE Max-Vという、シールドの曇りにくいやつが欲しかったのだが、あいにく欲しい色で私の頭に合うサイズのが店になかった。バイク屋を2店回ったが、どちらにもなかった。そこで、Max-VじゃないPROFILEにしたのだ。まあ、PROFILEにもオプションとして、Max-V相当の曇りにくいタイプのシールドがあるので、いざとなればそれに交換できる。ただ、Araiのロゴの部分が、PROFILEはシールが貼ってあるのに対し、Max-Vは印刷なんだな。印刷のほうが好きなんだが、まあいいか。
 私は子供の頃から頭がでかい。ヘルメットのサイズはXL(61~62cm)になる。このサイズがきつすぎず緩すぎず、ちょうど良い。頭の大きさと頭の良さが比例しないことが証明された。色は無難な銀色にした。

 さっそく被ってバイクに乗ってみた。まず最初の印象として、風切り音がうるさいと思った。これまで被っていたSZ-Fは風切り音がババババという感じの音だったが、PROFILEはボボボボという低い音で、響くように感じる。速度が低くても、結構風切り音が大きい。このぶんだと高速道路だとかなりうるさいかなと思ったが、実際に高速道路を走ってみると、思ったほどうるさくならなかった。以前のSZ-Fは速度が上がるに従ってうるささが増す感じだったが、PROFILEは速度が上がっても、一定以上のうるささにはならない、そんな感じだ。しかし、一般道を走っている時は、PROFILEのほうがうるさく感じる。これは、低い音の風切り音に、私が慣れていないからかもしれないが。
 あと、やっぱりシールドが曇る。走っている間はベンチレーションが効いて曇ることはないが、信号待ちなどで停車中は、じわじだと少しずつ曇ってくる。まあこれはもうしばらく様子を見て、不便を感じるようなら曇らないタイプのシールドへの交換も考えてみることにする。
 あともう一つ。これはフルフェイスだからしょうがないのだが、被ったり脱いだりする時に、いちいち眼鏡を外さないといけないのが不便だ。ジェットタイプのSZ-Fは眼鏡をかけたままでも大丈夫だった。昔被っていたフルフェイスのヘルメットは、もう少し眼鏡がかけやすかったように思うが、PROFILEを被った状態だと、眼鏡をかけづらい。眼鏡のツルを耳の上に持っていくのが難しいし、ツルの末端部分が内装にぶつかってそれ以上入らず、眼鏡がわずかに浮いてしまうのも気になる。まあ、これは眼鏡のツルの形状も関係するので、うまく調節したい。
 とまあ、いくつかの不満はあるが、全体的には満足している。Araiのヘルメットは軽いし、まだ短時間しか被っていないが、被り心地も悪くないようだ。せっかく買った新しいヘルメット。傷をつけないように注意しなきゃ。