ハイボール

画像 私はお酒が好きだが、ウイスキーはちょっと苦手だ。香りはとてもいいと思うけど、あの独特の味が、いまいち好みに合わない。
 それはまだ子供の頃、といっても高校生ぐらいだったか、夜遅く、家にあったウイスキーをちょっと拝借して味見をしてみたことがある。ん?高校生? あ、いや、げふんげふん。お酒は20歳になってから。
 いやでも、家にあったらちょっと試してみたいって思う頃があるじゃない。ビールは、基本的に栓を開けたら、一瓶飲んでしまうもの。少しだけ飲んであとは残しておくなんていうのは、いかにも不自然。だからビールはだめだった。でもウイスキーは、瓶の中にまだ残った状態で置かれていたから、そこから少しちょこまかしても見つかることはない。
 その時に思ったのだ。ウイスキーって大人の味だなって。で、少し苦手な味だと思った。ブランデーもあったけど、そちらのほうが優しい味で飲みやすかった。でも、その頃の一番の好みは梅酒だった。母が作っていた梅酒。それを少しグラスにとり、氷水で薄めるととても美味しかった。そんな想い出がある。
 そんな印象だったので、20歳を過ぎてからも、ウイスキーはあまり飲まなかった。学生時代に、たまにウイスキーを買うことがあったかもしれない。だけど、やっぱり少し苦手だった。
 そんな感じだったが、数年前にハイボールが流行った。火付け役はサントリーのCM。CMでは美味そうに飲んでいるけど、ウイスキーだしと思って、私はこれまで飲まなかった。でも、昨日、ふと思いついて缶入りハイボールを買ってみることにした。
 火付け役のサントリーのにしようとも思ったが、とりあえず一番小さい缶がいいと思い、ニッカウヰスキーのハイボールを選んだ。ニッカウヰスキーのBLACKといえば、サントリーの角とならんで、ポピュラーなブランドだ。
 最初、ビールで少し喉を潤してから、ハイボールを飲んでみた。あれ、意外と飲みやすい。ほどよくウイスキーが薄められて、ウイスキー独特の味が弱くなっているし、炭酸水なので口当たりもいい。これなら結構いける。
 なるほど、人気が出たのも分かる気がする。大人な感じもするし。また、たまに飲もう。
 最後にひと言。お酒は20歳になってから。