ワンセグテレビ

画像 「ながら」でテレビを見る時のために、ワンセグテレビを買ってきた。SONYの5インチ液晶ワンセグテレビ、XDV-S700。FMラジオ、AMラジオも付いている。
 ワンセグは320×180(16:9)の解像度しかないから、それを5インチで見ると、だいぶ荒い感じがする。でもまあ、ぎりぎり許容範囲内という感じ。これ以上画面サイズが大きいと、逆に荒さが目立って、見づらくなってしまうと思う。
 本体内蔵のメモリーに、約10時間まで録画ができる。外部メモリーは使えないが、まあ手軽に使えるという点で十分な容量と言える。
 スピーカー内蔵充電スタンドが付属。本体だけだと音質があまり良くないが、スタンドに内蔵されているスピーカーは結構いい音だ。ただし、ACアダプタが繋がれていないと、スタンドに置いても、本体だけから音が出る。停電の時は、スタンドのスピーカーは鳴らない。そこはちょっと残念。
 スタンドにはアンテナ端子が付いているので、そこにテレビのアンテナをつなぐことで、室内でも安定した受信ができる。本体だけでも結構感度がいいが、アンテナを繋いでおけば、電波状況を気にすることなく視聴できる。
 消費電力は、充電しながらの視聴では4W、充電完了時の視聴で3W。充電のみの時は7Wだった。さすがに低消費電力だ。バッテリーで6時間視聴できるので、計画停電時も大丈夫だ。
 突出した機能はないが、手堅い感じがする。いちおう、これもBRAVIAシリーズなんだな。
 PCを使いながらテレビを見ることが多いので、PCのモニタの横に設置した。ながらでテレビを見る時は、消費電力の大きいワンセグじゃないテレビを使わなくて済む。省エネに役立つと思う。